--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.01 00:52|想い
皆さま、あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

2012年、いろいろありました。

仕事では組織改編等や代表者の交代もあり、4-6月はいつも以上にデリケートに仕事を進めねばならず、無事に組織改編が済んだ10月以降、新しい組織ではパートさんがいなかったために、通常の決算関連の忙しさに加えて雑用的なことが一気に降りかかってきて、正直きつかったです。半ば泣きながら仕事してましたね。上司が見かねてパートさんを手配してくれて、彼女は毎日の出勤ではないけれど、ずいぶん楽になりました。
今年は少しステップアップしてバリバリと働いていきたいと思います。資格もとりたい!頑張るよっ。

そして…なんといってもjammin'Zebに関わるもろもろ。ファンミも含めて4回も上京してしまった年でした。ライヴに行くごとに彼らの歌声からパワーをもらえて、また前を向いて歩いていける。本当に彼らには感謝、の言葉しかありません。ありがとう。ただ一つ難点は、もっともっと行きたくなる気持ちを抑えられなくなることかな(笑)やっぱり蝦夷からはそうそう簡単には行けませんけど。
ゼブ友さんと沢山お知り合いにもなれました。これからもよろしくお願いしますね。

さて、そんな2013年の一番の目標は、「体調管理をしっかりする」ということです。

仕事をバリバリやるにしても、jammin'Zebを応援するにしても、好きな旅行に行くにしても、健康じゃないと!先日受けた健康診断が微妙な結果だったので…今年は規則正しい生活を心がけます。

皆さんの2013年に幸多からんことを。



スポンサーサイト
2012.03.23 21:18|想い
この度ほんの少しだけ、職位が上がりました。
まあ、普通に仕事してれば、ほとんど誰でも上がれるレベルです。
お給料だってほとんど変わらないし。

同期入社がかなり多いので、一度に上がることはなく、
きっと何回かに分けて上げていくんだろうと思いますが、
どうにか最初の一群に紛れ込めたようです。
上司をはじめ職場の皆様に感謝です。

でも、正直、自分って仕事ちゃんとしているんだろうか?
最近そう思うことが多いです。
目の前のことをこなすだけで、その背景や問題点を考えながら、
あるいは改善点がないか、「その先」を見つめてできているか?
やっぱり、有能な上司はそこが圧倒的に違いますよね。

そう考えると、この先が非常に怖い。
今年は色々ある予定なので、いい加減に私も異動することでしょう。
恵まれた今の環境でやっていた私が、よその部署で、
「使えないヤツ」の烙印を押されそうで…(笑)

いやね、ほんと同期は優秀な人ばっかりなんですよ。
すごいなー、っていつも思ってる。
だから余計にプレッシャーなのです。
でも怖いとばっかりいってられない。
気を引き締めて仕事します。

うん、アタマ使わなくちゃ。アタマ。

-----------------------------------------------------

前任の上司がお祝いの電話をくれたのがすごく嬉しかった~。
今の上司も、前任の上司も、毎回考課の際にすごく推してくれてたので。
彼らの為にも、求められる仕事をしなければね、と感じたのでした。
2012.01.03 18:09|想い
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は色々なことが起きた年でした。
東日本大震災からまもなく10ヶ月を迎えようとしていますが、
原発問題も含めて、いまだに辛い思いをしている方がたくさんいます。
私たち自身が風化させることなく、息の長い支援が必要です。
同時に、3.11をきっかけに、後で振り返ったときに、
パラダイムの転換だったと呼べるのではないか。
今まで当たり前だと思っていたことがそうではない、
その始まりの年でもあったのではないかとも思っています。

仕事的には、多少のストレスも抱えつつ、
いくつか新しいことにチャレンジもできました。
中堅どころの社員として、キャリアアップもしていかなければね。

プライベートは・・「恋」や「婚」と名の付くものには縁遠く(涙)
むしろ三十路を迎えて健康面にぼんやりとした不安を感じてたりしてます。
でも、新しい音楽や新しい土地に沢山出会うこともできました。
さまざまなものとの「縁」をつなぐ、そんな2012年にしたいと考えています。

年末に録りだめしていた某ドラマの中で、印象的なせりふがありました。

諸君はきのうの専門家であるかもしれん。
しかし、あすの専門家ではない。



ブログもぼちぼち更新していきますので、
おつきあいのほどよろしくお願いいたします。
2011.12.26 20:47|想い
3連休明けの職場はめっちゃ寒かった!
この調子じゃ正月休みが終わった後の1月4日は、
一体どうなってることやら…

年内の出勤日は30日まで。
忘年会2回やってたら年賀状書けないっしょ。。
東京へも無事出かけてまいりました。
もうね、ココロの中がぐわんぐわんしっぱなしです。

When I fall in love
It will be forever

And the moment I can feel that you feel that way too
Is when I fall in love with you

-When I Fall In Love-
2011.12.01 19:34|想い
思うのだけど、あっという間に師走になってしまいますよね。

今年は特にバタバタと忙しかったような気がします。
いつもは暇な夏場も、業務の棚卸とマニュアル作成なんかをやっていて、
精神的にもプレッシャーがあったかも。

通ってるヘッドスパのセラピストさんに、
10円ハゲができているのを発見されてしまいました(汗)

皮膚科で診てもらったら、
まわりの髪の毛をさんざんぐいぐい引っ張った挙句、
「まわりの毛は全く抜けなかったので、このまま広がることはありません。
特に薬も必要ないでしょう」だって。
そういう診療法なのね、となんだかおかしかったけど、一安心でした。

ところで、私、11月にとうとう30歳になりました。
幼い頃は自分が30年も生きるなんて想像もできなかったけど、
振り返ってみるとあっという間ですよね。
今じゃドラマに出てくる役者さんも年下が多いこと!

なんというか…もう甘えは許されなくなったのかな、なんて
ちょっと怖くなっています。
今までなあなあで、目を背けていたものに向き合わなくてはならない。
もっと20代の時にやっておけば良かったと思うことだらけです。

仕事をするようになってから、日々に追われてばかりいて、
考えるということを疎かにしがちでした。
自分はどう生きたいのか?どんな人間になりたいのか?

「いつしか僕らも若いつもりが 全てに答えせまられてる」

まだまだ守られていたい、傷つきたくない、
そんなやわな自分を奮いたたせてでも
顔を上げて生きていかなければならないのよね。

でも、現実の私は、
年々「閉じて」いってる気がするのです。
もともと人とコミュニケーションを取るのは得意ではなかったのですが、
最近、特にその傾向が強まっています。
昔からの友人ともなかなかメールするのが億劫だったり、
休日になるとひたすら寝てたり。
人と接点を持つとすごく疲れるようになっちゃたんですよね。
そして思考がネガティブにもなってきた気が。
このままではいかんなあ。。。

そんなわけで、これはちょっと踏ん張り時だな、
と感じているのでした。
2011.04.07 18:09|想い
4月4日(月)に放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、
鉄道デザイナーの水戸岡鋭治さんでした。
JR九州の素敵なデザイン車両には前から興味を持っていましたが、
デザイナーさんについては、今回初めて知りました。

水戸岡さんは遅咲きのデザイナー。
公共空間のデザインを手がけたいという思いの一方で、
現実の仕事は不動産のインテリアイラストといった仕事ばかり。
それでも、ひたすら目の前の仕事を一生懸命に積み重ねていき、
列車のデザインという夢をかなえます。

そんな水戸岡さんの3か条。

・「あったらいいな」をかたちにする

・手間を惜しまない、愚直な心

・いつかは、きっと いいものを

以下は番組HPから。

水戸岡は、どんな仕事も完成ギリギリまであきらめずにデザインの修正を重ねていく。その先には、必ず理想のデザインがあり、そしてさらにその先には、人生の理想にも近づくことが出来ると信じているからだ。「僕なんか優秀じゃないから、行ったり来たりしながら、何度も何度も検討しながら、それでも、『いつかはちゃんと』って、『いつかはきちっと』って、『いつかはすごいものを』っていうので生きてきてるわけだから。もしかしたら、人生そのものだって、『いつかは、きっと』ってことでやってきてるわけだから。そう簡単に諦めるわけにはいかない」
【プロフェッショナルとは】
「常にフェアプレーを行う人」って感じですかね、僕は。
好みをではなくて、自分の好みを超えて、正しく美しく楽しいことを作れる人。


水戸岡さんの事務所の名前は「ドーンデザイン研究所」
番組でも言及されていましたが、名前は「鋭治」だけど「鋭」じゃなくて「鈍」だ、
そう子ども時代にあだ名されていたそうです。
でも、彼はそれをネガティブには受け取らず、あえて「鈍」を事務所の名前にした。
とても力を与えてくれる番組内容でした。再放送もあるようですよ。


水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン―私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか? (交通新聞社新書)水戸岡鋭治の「正しい」鉄道デザイン―私はなぜ九州新幹線に金箔を貼ったのか? (交通新聞社新書)
(2009/08)
水戸岡 鋭治

商品詳細を見る


2011.03.23 12:15|想い
まともに記事を書くのは半年ぶりくらいじゃないでしょうか。
ご無沙汰しておりました、六花です。

まず、東北関東大震災の被害に合われた方々に、心からお見舞いを申し上げます。
そして、また美しい東北へ復興することを祈っています。

あの日はちょうど有休で揺れを感じたと同時にすぐにテレビをつけました。
子供の頃、家族でドライブした海岸が津波に呑み込まれていく様子をリアルタイムで茫然と見つめていました。胸が潰れるような想いでした。

仙台に住む伯母、従兄弟家族は幸いにして避難所生活を送ってはいませんが、伯母の家は高台にあるため、水が復旧していないようです。母の友人宅も、家の中で靴を履く状況だそうです。まして家族と連絡が取れない、家が津波等で流されてしまったといった人たちの胸中はいかばかりでしょう。

本当は地元に行って復旧の手助けをしたいところですが、なかなかそうもいかず、せめて義援金だけでも…と先週、募金してきました。糸井重里さんが寄付に関して書いた6つのツイート、これがなるほどなあ、と思えたので、一度に3日分はちょっと無理ですが1日半くらい送りました。また4月中にでも残りを送りたいと考えています。

そして直接地震の被害を受けていない地域でも、様々な影響が出ています。たとえば、ごく些細なことですが、マクドナルドのメニューが限定されていたり、ネット注文がなかなか届かなかったり。首都圏では計画停電で苦労している方も多いと思います。イベントごとも軒並み自粛。ただ、私は個人的に思います。被災地を悼み、今自分にできうる協力を惜しまず行った後は、日常の生活を送ることも大事なのではないかと。今回の地震で、被害総額は最大16兆円、GDPに3%程度の損失という試算も報じられています。ライトアップの消灯はいいとしても、宴会や旅行のキャンセルというのはかえって日本のためにならないのでは?心の中で彼の地の人々のことを、日本のこれからを考えながら、当たり前の大切さを噛みしめていければな、と考えています。

最近はもっぱらツイッターであぶくのようにつぶやいていますので、。今回の地震に関してはテレビで報じられてないような情報を得ることができたという点で非常に有用なものでした。ま、最近はまろまろつぶやいてることが多いですが(謎)

では、また。
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。