--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.26 18:00|たび
年が変わる前にとっととブログを更新せねば!
ってことで、松江・出雲の旅のつづきです。

日御碕から向かうのはこの日の宿「玉造温泉」。
1,300年以上前からあるという、美肌の温泉です。
玉造という名が示す通り、古代ここで勾玉が作られていたらしい。
宿泊したのは、玉造温泉で一番大きい大浴場を持つという
「曲水の庭 玉泉」。

北海道の温泉、定山渓や登別、湯の川温泉しか知らない私にとって、
玉造温泉は衝撃でしたね~。
温泉街の真ん中に川が流れていて、その両脇に宿が並ぶ。
宿泊客は浴衣を着て、下駄をカラコロしながら散策できます。
途中、3つほど足湯なんかもあったりして。
こういっちゃなんですが、
団体旅行客がいない(と思われる)のが非常に心地よい。
古き良き温泉街の風情が残っているんです。

日御碕で時間をかけすぎたので、
着いたらすぐご飯でした。
私たち一行で1部屋、しかも仲居さんついてくれるって贅沢ぶり。

玉造温泉食事


食事も豪華でしょ~。
島根和牛、カニ、マツタケ、島根の地ワイン&地酒などなど、
お腹いっぱいになるまで食べたわよ(笑)
食後はロビーで行われている民謡ショーを鑑賞。
安来節のどじょう掬いが見れてラッキーでした。

温泉街もぶらぶらして、足湯につかったりもしました。
心残りは、「玉造湯神社」に行けなかったこと。
日のあるうちに着ければよかったんだけどね。
大浴場のお湯はすごく滑らかで、
硫黄系の温泉だと肌荒れすることのある私でも、
ばっちり大丈夫な温泉でした。
絶対玉造温泉は再訪したいです。
星野リゾート「界」なんか泊まれたら最高だね。

翌朝は8時にチェックアウト。
今日の目的地は世界遺産「石見銀山」です。
玉造温泉からは2時間近くかかるのかな。
意外と島根、広かった。。
銀山近くのビジターセンターに車を停めて、
銀山とその周りの大森地区にはバスで向かいます。
電動自転車なんかも貸出がありますので、
足腰に自信が無い方は利用してはどうでしょうか。

銀山1


銀山2


昔の間歩(まぶ)。ここから採掘に行くそうです。
江戸時代初期、石見から産出される銀は世界の3分の1を占めていたとか。
電気も水道もない時代、現場は過酷だったんでしょうね。

一方、鉱山町としての大森町は景観保存が徹底されています。

大森地区

大森地区2


郵便局もこんな感じ。

郵便局


いい町並み。個人的意見ですが、京都よりも好ましいかも。
民家はリノベされて、雑貨屋さんや喫茶店になっている所も。

ガイドブックに載っていたお店で昼食を取ったりして、
大森地区を一通り歩ききりました。
銀山も上り坂だったし、かなり足が疲れたww

石見銀山・大森地区を出たのがおおよそ2時頃。
私の帰りの飛行機は16:20出雲空港発です。
頑張れば行けるかも!ということで、
少女マンガ「砂時計」の重要な舞台のひとつ、
「仁摩サンドミュージアム」に急遽寄ることに。
1年砂時計(1年をかけて砂が落ちる)がメインですが、
そのほかにもいろいろ砂にまつわる展示が。
近くの海岸に鳴き砂がどうもあるみたいですねー。

仁摩サンドミュージアム1

仁摩サンドミュージアム2


ここをなんと15分以内で駆け抜けました。。ぜえぜえ。
でもちゃんとお土産買ったのだww

さあ、あとは一路出雲空港へ。
出雲駅伝による交通規制も外れてる時間帯だし、
ちょっと飛ばせば余裕で空港には着くでしょう…
と思ったのが甘かった。
日本海側を走る国道9号線は追い越し禁止の片側一車線。
しかもなんだか松江に向かう道路は車の量が多い?
時速60キロくらいでちんたら走ってると、
なんだか時間が迫ってきたような。
流れに乗れない車が数台先を走っていて、
後続がつながっている状態。
抜かそうと思って脇道入れば、今度はどこから元の国道に
戻ればいいのか分からなくなる。
そこにきて目の前にパトカーが!

…笑うしかないですよね。

15:50をまわっても、まだ空港にたどり着いていませんでした。
(繰り返しますが、飛行機は定刻16:20ですww)
出雲空港発羽田空港行きは、この後も1便ありますが、
羽田での乗換は不可能な時間。
あー、これは明日会社遅刻だわー、なんて言い訳しようかな、
と考え始めていたそのとき!
携帯がメール着信を知らせました。

件名は「出発遅延のお知らせ」。

そうなんです、16:20発が機材到着の遅れにより、
新たな出発時刻が16:50になったのです!
その瞬間、車内が歓声に包まれました(笑)
いやー、助かった。
羽田ではその代わり走らされましたけど、
当日中に帰ってこられたからいいんです、全然。

こんなわけで行きも帰りもバタバタだった
松江・出雲の旅。
初めて訪れた山陰地方はとても素晴らしいところでした。
もともと歴史好きが高じて行ったようなものですが、
予想外に食べ物が美味しかったのが好印象。
さらには温泉も風情があったし、
何より京都のように人であふれていない。
出雲大社の遷宮が完了したころに、再訪したいな。

長々と季節外れの旅行記にお付き合いいただき、
ありがとうございました。

スポンサーサイト
2011.12.22 18:25|たび
明日から1泊2日の日程ですが、東京行ってきます!
何かといいますと…

jammin'Zeb X'mas Fantasy 2011
@恵比寿The Garden Hall
サイトはこちら



昨年の冬、今年の夏に引き続き3度目のjammin'Zebのコンサート。
彼らのハーモニー、なんでこんなにハマったんだろうな、って感じです。
詳しくは帰ってきてから語りたいと思いますが、
どうか雪に負けることなく、無事に旅立てることをお祈り下さい。。
「Let it snow!Let it snow!Let it snow!」は絶対に聴かないぞ(笑)

ちなみに今回、宿はウェスティン東京に泊まるのだ!
これもまた楽しみの1つであります。
2011.12.21 20:44|たび
出雲市までの道中は結構混んでいました。
っていうか、基本的に追い越し禁止の片側一車線区間で、
信号も滅多にないのでね。

出雲大社に着いても、駐車場がなかなか空いていなくて、
結構時間がかかりました。表参道は、鳥居に向かって上り坂。
坂の両側にお土産屋さんや、飲食店が立ち並んでいます。
この地域独特のものといえば、
やはり出雲そば、そして「ぜんざい」。
なんでも「ぜんざい」は「神在」から派生したもの、
とかで、ぜんざいを売り出そうとしているようです。

私たちは軽くどこかの店に入って食べようか、と
思っていましたが、どの店もとにかく激混み!
特に出雲そばは、そばがなくなれば閉店、というお店も
多いようですので、注意が必要です。

結局、「あご」(トビウオらしい)のちくわ天を
買って食べたのと(でも美味しかった!)、
参拝後にちょっとしたぜんざいやさんにどうにか
入ることができて、ぜんざいセットにありつけたのでした。

出雲大社


鳥居をくぐって神社内に足を踏み入れると、
そこから本殿までは緩やかな下り坂になっています。
なかなかないですよね、このタイプの神社。
でもねえ、あまりスピリチュアルに染まっていない私でも、
中の空気がピリッと締まるのが分かりましたよ。

中では写真は撮らず、
心静かにして参拝を済ませました。
今現在、出雲大社は遷宮真っ最中で、
本殿ではなく仮の場所で参拝します。
平成25年に完了する?とのことで、その時はまた行きたいな。

社務所で購入したものは、おみくじとお守り。
出雲大社のおみくじには「大吉」「小吉」といった文言が
書かれていません。箴言というのかな、それが書いてあるんですが、
「節約を心がけよ」的な内容でしたorz
お守りは勿論の縁結び守りです☆
ちなみにお守りにも、「出雲大社」という文言は入っていないという。
不思議。

ヤマト政権とは違う、出雲勢力の存在が、
今もなお、濃厚に漂っている出雲だったのでした。

さて、出雲大社を出て、車を日本海沿いに走らせます。
次なる目的地は日御碕神社。

日御碕神社1

ここは創建から1400年を超える古社。
現在の社殿は徳川家光の寄進によるものだそうです。
下の本社と上の本社の2つあり、
下は「日沈宮」、上は「神の宮」と呼ばれています。
伊勢神宮が「日の本の昼を鎮護する」のに対し、
日沈宮は「日の本の夜を鎮護する」。素敵ですよね!
日沈宮は天照大御神、神の宮は素戔嗚命。
道路沿いから、海をバックにちらっと見える朱塗りの社殿が
まるで竜宮城のようで、とてもきれいでした。

日御碕神社2

そして、日御碕。なんていうか独特の地形です。

日御碕1 夕日


石造りの灯台としては日本一の高さを誇る日御碕灯台もあるし、
イカやら貝類などを焼いてる飲食店もあったり、結構な観光スポット。
そしてここでも夕日をみる私たち。
今度は日本海に沈む夕日!
振り返ると、白い灯台が夕日でうっすらと染まっていて、
それもまた印象深かったです。

灯台 

(つづく)
2011.12.15 19:15|たび
さて、松江城を下りてきたあと、
宍道湖の夕日を見に行くことになりました。
この時期は日没時間が17:40前後だったので、
まだちょっと時間がある。
そんなわけでその辺を散策することに。

松江城のお堀の周りは非常によく整備されていて、
ぷらぷらと歩いたりレンタサイクルで移動しやすいようになっています。
私たちはお堀に面して建つ「松江歴史館」に入ってみました。
ここは博物館なんですけど、
すでに足立美術館でくたびれてるので(笑)、パス。
ゆっくり座りたい!ってことで
日本庭園が眺められる喫茶コーナーで、
お茶&和菓子のセットをオーダーしました。
これも写真がなくてすいません。。

ところで、松江って実はとてもお茶が盛んなところってご存知でした?
松江藩7代目藩主松平治郷という人が、大変な趣味人で、
「不昧流」という茶道を興したとか。
不昧(ふまい)というのは彼の号。
なので、「不昧公好み」と呼ばれるお菓子が沢山あり、
松江市内でも茶室や、もっとカジュアルに
抹茶を楽しめるところが山のようにあります。
甘味好きの人も大満足な街、松江なのでした。

さて、松江城から宍道湖に向かいます。
宍道湖畔は夕日の見える場所がきちんと整備されていて、
「夕日」が観光資源化されていることがうかがえます。
湖に沈んでいく夕日の素晴らしさといったら!
天候に恵まれたことには感謝しないとですね。
夕日を見るための湖上クルーズなんてのもあるようです。
日没時刻の確認はお忘れなく。

宍道湖夕日


その後、いったんホテルに荷物を置き、
松江駅近くの郷土料理「和らく」で「宍道湖七珍会席」。
店内に生け簀があってイカやらカニやらがぷかぷかしてました(笑)
調べてみると結構有名なお店なんですね。
山陰地方らしい料理を味わえて、大変美味しかったです。

写真を撮る間もなく腹の中に収まったのであれなんですが、
宍道湖七珍コース+単品メニューいくつか、というチョイスだったと思われ。

宍道湖七珍とは…
宍道湖と言えばやはり「しじみ」が有名なんですけど、
他にもたくさんの魚介類がとれます。
それを集めたのが「宍道湖七珍」というわけで、

スズキ
モロゲエビ
ウナギ
アマサギ
シラウオ
コイ
シジミ

その7つ。これらが1つのお皿に収まって、あら便利♪
さらにコースメニューには山陰地方独特?の「スズキの奉書焼き」も
ついてました。これも美味しかった~。
さらに、単品で頼んだ美保関産「活イカ」が凄かった。
イカの種類は白イカというらしく、北海道ではあまり見ない種類かな。
で、朝に取れたものを生け簀で泳がせておいて、捌く。
なので出されたイカの足をつんつんとすると…うにょうにょ動きます(笑)
新鮮で弾力があってほんと美味しかった~!
耳の部分は後で焼いて出してもくれて、二度楽しめます。

ところで、松江市内で気づいたこと。
それは「温泉つきビジネスホテルが多い」こと。
私たちが松江で泊まったのは、繁忙期でも1泊5,000円程度の、
いわゆる普通のビジネスホテル。部屋もすごく狭かったし。
ところが、温泉はちゃんとしてるんですねー。
宍道湖のほとりには「しんじ湖温泉」があって、
温泉旅館も沢山あるんですが、それ以外にも市内に湧いてるってこと。
昔からこうなのかな~?

さて、翌日は城下町を散策し、その後出雲に行くという流れ。
まずはお城の堀を舟で巡る、という「堀川遊覧船」に乗船です。
乗船場が全部で3か所あり、チケットを買うと1日乗り下り自由という仕組み。
明治以降、堀は幅が半分、深さも半分に埋め立てられたところが多く、
そのため、橋の下をくぐる際には屋根をたたんで客が身をかがめる、
なんて楽しいこともあります。

柳川の掘割でも舟に乗ったことあるけれど、
松江の方が全体の規模が大きい感じだったかな。ま、石高も違うしね。
船頭さんはユーモアも交えつつ、船からみた城下町を解説してくれます。

堀川めぐり

カラコロ広場という、旧日銀松江支店を改装した建物の周辺が、
ちょっとした商店街になっていて、老舗の和菓子屋さんやお茶屋さんが
軒を連ねています。私たちは「風流堂」という和菓子屋さんで
たっぷり試食させていただいて(笑)「路芝」というお菓子を購入しました。
が、ここ、ホント美味しいお菓子置いてますよ!
たまたま京都からいらしていた女性が、
「私はいつもここの和菓子を取り寄せているんですよ」と
おっしゃっていましたもの。ちなみに、松江には日本三大銘菓「山川」があり、
風流堂さんにももちろん置いてあります。切るの難しそうですが、、、

一通りお土産を買い終わったらまた舟に乗り込んで、
塩見縄手へ。

塩見縄手

ここは昔の武家屋敷が残っている一角。
景観保存がきちんとされており、「日本の道100選」にも選ばれています。
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がセツ夫人と過ごした武家屋敷も。
道路沿いの松は江戸時代からのものだそうですよ。

塩見縄手から松江城近くの駐車場まで歩いて戻り、
いよいよ出雲へ向かいます。(続く)
2011.12.04 22:10|たび
札幌はすっかり冬となりました。
そんなときに半袖でうろうろしていた松江・出雲旅行の話を持ち出すのはどうなの?
という気がしないでもないのですが(^^;)
ま、お付き合いください。

旅程は10月7-10日の3泊4日でした。
といっても、新千歳=出雲という路線はないので、羽田乗換です。
しかも、朝イチの便で羽田に飛んでも、出雲につくのはお昼頃。
会社は休めないし、でもせっかくだから思い切り楽しみたい!てことで
7日金曜日夜に東京に前泊することにし、8日早朝7:25の便で向かうことに。

ところがですね、8日、京急蒲田駅そばのホテルで目覚めた私が見たのは…
なんと6:15をまわった時計!

心臓止まるかと思ったぜ(笑)

しかーし、奇跡的に6:55には空港着いてました。やるじゃん、私。
電車と違って、飛行機は30分前には空港着いてないと色々厳しいからね。
次は気を付けます・・・

9時頃に出雲空港に友達一行(in兵庫在住)が車で迎えにきてくれました。
知っているのは1人だけで、あと3人は初対面というお邪魔してすいません状態。
でも皆さんいい人でした~。
空港からどじょう掬いで有名な安来へ向かい、着いたのは「足立美術館」です。

ここは、ミシュラングリーンガイドで山陰地方唯一の三ツ星、
アメリカの庭園雑誌で連続日本一を記録しているくらいの日本庭園が有名なところ。
収蔵品もすごくて横山大観のコレクションは立派ですが、
とにかーく庭、庭、庭。なにをおいても庭。

落ち葉がほとんど落ちていない・・
ということは毎日あの広大な庭を回って手入れする人がいるわけで。
2,000円超の入館料を払う価値はありますよ。

庭を見て回るのに1時間、絵をじっくり見て2時間以上…
美術館を出た時にはくたくたになっておりました。

すぐそばのお蕎麦屋さんでこの地域の名物「出雲そば」を食すことに。
基本は割り子そばで、殻ごとそばの実を使っているために、
このように黒っぽくなっているそうです。
紅葉おろしがぴりっとしてて美味でした。

写真はすいません、ないです(爆)



中海のそばを車で通りながら一路松江市内へ。
まずは松江城!

松江城


姫路、彦根などと並んで、現存12天守の1つである松江城。
千鳥城とも呼ばれています。
規模からいっても国宝級らしいですが
残念ながら国宝指定に必要な築城年月日を正確に記した書状が
ないんだそうです。懸賞金つきで探しているそうなので、心当たりのある方はぜひ。

各地のお城が軒並み築城400年を迎えてる昨今ですが、
松江城も今年祝400年!

天守閣のてっぺんまで上ると、宍道湖が見えます。
天気がいいと大山も見えるらしいのですが、
この日は残念ながら見えませんでした。
(続く)
2010.11.23 22:27|たび
さて、変身写真が終わったらお昼時になってました。そしてこの日も暑かった!暑い中向かったのは担仔麺のお店、「度小月」です。

坦子面

「担仔麺」とは…台南発祥の豚そぼろに海老、香菜といった具材で、ニンニクの味きいたスープの麺です。「湯」(スープ)と「乾麺」(スープなし)があるんだけど、スープなしだとどんな感じなのかなあ。担仔麺、見た目のわりにあっさりしていました。美味しかった~!

それにしても台湾って料理が美味しいです。辛すぎる、とか酸っぱすぎるとか、突出したものがなくって、日本人に親しみやすい味付けだと感じます。ああ、美食の国。台湾の小姐たちはみんなスタイルが綺麗。日本によくいる不健康な痩せ体型の人はいなくて、きちんと出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいて。すごくヘルシーな美人さんが多いのよね。見習いたいものです。

お店を出た後、友人が行ってみたいといっていたシノワズリ雑貨を扱うショップを探ししばらくウロウロして無事に見つけ、さらにはまたまた「鼎泰豊」の支店に入ってしまったのでした。やっぱ小龍包サイコーなり。

次なる目的地はスーパーです。地元のスーパーに寄ればばらまき土産に最適なお菓子類が見つかるかも!ということで、ガイドブックに掲載されていた「頂好(Welcome)」へ。実は台湾の一般的な家庭では、皆さん朝市を利用することが多いみたいですね。特に生鮮食品なんかは。まー、生鮮食品を買うわけにもいかないのですが、面白い食材は色々ありましたよ。そして、予想通りに激安なばらまき土産が多数♪なにせ台湾版ハイチュウが12元とかですからね、買いあさりました~。味も結構面白いのがあって、綿あめ味とかプリン味とか。ついつい時間を忘れてしまうくらい。

んで、両手に結構な荷物を持っていったんホテルに戻りました。16時にホテルにオプションツアーのワゴンが迎えに。alan1.netというサイトを経由して、JTB台北が企画した「ノスタルジック九イ分」というツアーに参加するのです。

九イ分という町は、台北から高速道路を使って東に一時間程度、海の近くの山間部にあります。19世紀末に金が発見され、ゴールドラッシュに沸いたものの、その後金鉱はさびれ、町も衰退していったそう。再び脚光を浴びたのは映画「悲情城市」のロケ地となってから。急勾配の細い坂道(車はもちろん通れない)の両側に建物が立ち並び、夜になれば赤いちょうちんに灯が点る…どこか昭和の日本を思い出させますよね。台湾を代表する観光地です。実はここ、「千と千尋の神隠し」のモチーフとなっている町なんです。ほら、なんとなく見覚えがありませんか?

DSCF0539.jpg 
DSCF0554.jpg

DSCF0550.jpg


DSCF0551.jpg


軒を連ねるのはお土産屋さんや中国茶の店、屋台。歩けば15分もかからずに周り終える小さな町に、観光客がみちみちに押し寄せてました(笑)夜の方が綺麗なんだけど、この町は19時過ぎたらお店がほとんど閉まってしまいます…。シャッターが降りた町をむなしく歩き、(でも町並みはすばらしかった)、どうにか開いていて入ったお店はこの「タロイモお汁粉」を出すところ。
DSCF0557.jpg

ほんのり甘いタロイモのお団子と、豆がいっぱい入った優しい味。ウマー。そしてもう一軒、集合時間が来るまでいたのは「阿妹茶酒館」。茶芸館での優雅なお茶タイム♪何杯でも飲めちゃうのよね~、中国茶って。
DSCF0559.jpg

今度はぜひ、日中の九イ分にも行ってみたいなあ、と思ったのでした。
2010.11.23 22:10|たび
足掛け1ヶ月半近くにわたって連載してきた台湾旅行記ですが、このたび、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザーさんから、「おすすめブログ」として掲載していただけるとの連絡がありました!拙い内容ですが、少しでも旅行を考えている人の役に立てばなあ、と思います。バッヂもいただきましたよ。掲載ページはいまのところここらへん。
http://www.tripadvisor.jp/Tourism-g293913-Taipei-Vacations.html
http://www.tripadvisor.jp/Hotels-g293913-Taipei-Hotels.html
http://www.tripadvisor.jp/AllReviews-g293913-Taipei.html

読みやすいブログ、というものを研究していかねばなりませんねー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。