--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.26 18:00|たび
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010.10.26 12:15|たび
札幌はついに冬となってしまいました。夏!だった台湾のことがどんどん遠いものになっているような気がする今日この頃。

さて、オプションツアーの最後はこの日2箇所目の免税品店。しかもここは土産というよりブランド品。興味ないので中には入らずにさよーならすることにしました。最寄のMRT駅まで歩くことにします。

MRTというのは台湾の地下鉄みたいなものですね。地下じゃないところも結構走ってますけど。構内表示も日本と大差なく、「月台(プラットフォーム)」さえ間違えなきゃこれほど楽ちんなことはない。バスに乗るほうが難しいんじゃないでしょうか。しかも!初乗料金が激安。20元ですよ~!現在の為替レートだと、両替手数料を含めれば「台湾元の3倍が日本円」という公式が成り立ちます。ということは、20元×3=60円。初乗200円の日本の公営地下鉄とは比べ物にならん安さだわ。券売機で1回ごとに買うこともできますし、悠遊カード("上"と"下"を合体させたような漢字です)にチャージしてもOK。券売機とはいっても、お金を入れて出てくるのは券ではなく、トークンというプラスチック製のメダルのようなもの。これを改札機にタッチすれば通れるってわけ。紙を一切使用しない台湾MRT、suicaもびっくりですな。

mrt_tolken03.jpg


目指すは忠孝復興駅にある太平洋SOGOです。そう、台湾全土にわたって、日系百貨店が進出しており、その中でもそごうは地場のデパートを蹴散らしてトップの地位だとか。他に台湾に進出している百貨店は三越、高島屋、そしてこの10月には阪急百貨店までオープンしました。台北市内には「百貨店」に分類される業種の大規模小売店は大小合わせて19もある…台北の人口が200万人ということを考えるとかなりの過密ぶりですね。

話がそれました。そんなわけでそごうに寄ったわけは、ガイドブックで読んで行ってみたいお店があったから。それは小龍包の世界的名店「鼎泰豊」。台北市内だけではなく、世界中に支店を持つ鼎泰豊、日本では東京と大阪に出店しているそうです。本店は大変な混雑だ、という話を聞いていたので、そごうの地下フードコート内にあるお店に。15分ほど待っただけで入店できました♪中に入るとすぐにメニューと温かいお茶が運ばれてきます。注文は伝票に自分で書く形式。なるほど、これならどんな外国人でも大丈夫ですね。さらにはメニューも日本語が載っているので没問題!小姐(ウェイトレス)も日本語分かるし。

デイタイフン2

細く切ったショウガをれんげに載せて、醤油と酢を適量、そこに小龍包を置いて噛めば中から激ウマな肉汁が…!至福。他にワンタンも注文しました。あまりに美味しすぎて翌日別の支店にも寄ったくらいです(笑)

お腹を満たしたあとは、そごうでお目当てのものを買いに。お茶フリークの私としては、当然台湾茶をお土産として購入するつもりでした。さて、どこのお茶にしようか?と思ったときに、目についたのが、中華航空のファーストクラスで採用されている、という触れ込みの「王徳傳」。

Good_103_sum300_1249449443.jpg

この画像は今回の旅行で大変お世話になったサイト、「台湾ナビ」からお借りしました。

1860年創業の赤いパッケージが印象的なお店です。私が大好きな「東方美人」は真っ先に買うとして、店員さんに英語で「あなたが一番美味しいと思うお茶は?」と尋ねて購入したのが「阿里山高山茶」です。どちらも現在飲みかけの中国茶があるので、まだ開封してないのですが、めーっちゃ飲むのが楽しみ☆

お店を出たあと、ぶらぶらしながら歩いていたらあっという間に雨が降り出してきました。台湾の人たちは、日本でよく売ってるような日傘を持ち歩かず、普通の雨傘を晴天時にさしてますが、それはこういうことだったのね、と妙に納得(笑)とりあえず、タクシーに乗って、101展望台に行くことにします。タクシーもこれまた安い!初乗りが70元。これじゃあちょっとどこに行くにも気軽に乗れちゃうね。台湾のタクシーは基本的にみんな黄色い色をしています。自動ドアじゃないのが日本と違うところ位で、特にぼったくられる心配もないし、簡単ですよ。

101タワー、皆さんご存じでしょうか?世界で「2番目」に高い建物です。今年、ドバイに完成した「ブルジュ・ハリファ」に抜かれるまでは世界一高かったビル。「○○と煙は高いところが好き」、という言葉を地でいく私は、ぜーったいここに行きたかったのでした。本当は昼がよかったんだけどね。写真は展望室からみた夜景です。正直、夜景という観点でいくと六本木ヒルズの東京スカイビューの方が綺麗かも。台北の場合、50階程度のビルがたくさんあるわけではないので、どうしても夜景がこじんまりとしてしまうのね。人口も東京に比べれば少ないから。それでも、さすが世界を意識した展望台だけあって、無料の各国語による音声案内を貸してくれたり、充分楽しめました。そんでもって、葉書を買ってここのポストから出したんだけど、…結構届くのに時間かかった(汗)毎日ポストあけてないのでは!?ってくらい。

101

展望台をのぞいたあと、同じビル内にある高級スーパー(日本でいえば紀ノ国屋っぽい)をぶらぶらのぞいて、ホテルに帰ってきたのでありました。基本、台湾は宵っぱりです。夜遅くまでショッピングモールが開いてます。なのでついつい遅くまで遊んでしまって、翌朝睡眠不足になってしまうので気をつけてくださいね。

2010.10.20 20:21|日々
えー、台湾旅行の写真整理を兼ねてぼちぼちと旅行記を書いているわけですが、実はあまりに面白くて皆さんに見せたい写真があります。顔をぼかしてアップすると意味がなくなってしまいますので、パスワード制の記事にして、リアルで私を知ってる方しか読めないようにしておこうかな、と。komaさんのやり方を真似させていただきました。そんなわけで、パスワードは

「私の携帯電話番号の下4桁」

でございます。近日中にはアップできると思います♪ちなみにすでに見せた方には大いに楽しんでもらいました(爆)
2010.10.20 15:26|モノmono
Chageさんは昨日、寒い札幌にて1日15件のP活動をしたそうな。そのうち生出演は4件だったわけですが、これってどうなのよ。いくらラジオ「音道」のオンエア地域でないからって、これだけ固まって出演されると追いかけられません。うちのMDコンポは2件の予約録音しかできないんだから。

そんなときに便利そうだと思われるのがラジオ機能つきICレコーダー。SANYOの旧モデルは評判も上々のようです。おまけにICレコーダーだからPCとの連携もスムーズだし。ほすぃなあ。

SANYO ラジオ付きICレコーダー(シルバー) ICR-RS110M(S)SANYO ラジオ付きICレコーダー(シルバー) ICR-RS110M(S)
(2009/02/20)
三洋電機

商品詳細を見る


OLYMPUS ICレコーダー機能付ラジオ録音機 ラジオサーバーポケット PJ-10OLYMPUS ICレコーダー機能付ラジオ録音機 ラジオサーバーポケット PJ-10
(2010/01/22)
オリンパス

商品詳細を見る


2010.10.18 22:51|たび
総統府
孔子廟を出てから、台湾総統府を車窓見学。この建物は、日本統治時代の総督府をそのまま使用しているそうです。日本銀行本店が上空から見ると「円」の形を模しているように、旧総督府は「日」の形。ここに限らず、台北市内には日本統治時代の建物がかなり残されていて、しかも現役で使われています。ソウル=京城では日本統治時代の建物が徹底的に破壊されていることを思うと、この2地域では、ずいぶんと日本の統治のやり方にも違いがあったんだろうなあ、と思うのです。
高級マンション

総統府の前後に、やはり車窓からですが、台湾で一番高級だといわれるマンションを見かけました。俳優・金城武のお母様が住んでいるそう。台北は平野が限られているせいなのか、一軒家というものが基本的にはないため、ハイクラスの人は高級マンションに住むことがスティタスなんだそうです。それから、台湾の最高学府・台湾大学医学部。ここは、旧台湾帝国大学ですな。北大のポプラ並木のように、ヤシの並木が観光名所になっているとか。次は継承したものです。ちなみに・・私には台湾大学医学部卒で日本で医師をしている台湾人の知り合いが2人います。実はすごいことよねww

大理石でできてる

とにかく広大
中正紀念堂
ここは国民党の指導者・蒋介石をまつる巨大な廟です。いやもう、ものすごくでかいのなんの。真っ白な廟は台湾の大理石の産地・花蓮の大理石でつくられているんだそうです。中には巨大な蒋介石の像が。私たちはタイミングが合わず見られませんでしたが、軍の儀杖兵による交代式が人気なようです。交代までの間、彼らは微動だにしないの。くしゃみとかしたくなったらどうするんだろうね。。台湾においては複雑な政治問題があります。国共内線に敗北して「中華民国」が大陸から「台湾省」に逃げ込んだわけですが、やってきた国民党が長らく台湾を軍事支配していました。国の主要な部分はすべて大陸からやってきた国民党員もしくはその係累=外省人によって押さえられ、日本統治時代も含め、もともと台湾に住んでいた人々=本省人はなかなかいい目にあわなかった。今ではもう、世代交代も進んでおり、台湾で生まれ育った人の方が多いのだろうけど、政治的には、統一中国を志向するグループと、独立台湾を目指すグループがあるわけです。だから民進党の陳水へん前総統時代には、国民党のためのこの施設の名称を民主記念館と改めたものの、その後現在の馬英九総統になってから再び中正紀念堂に戻ったそう。こういった台湾の事情を知っていると、なんとも複雑な気持ちになります。ともあれ、とにかく目立つ建物であることには間違いがない(汗)
足ツボの小道

入り口のちょっと外れに、「足ツボの小道」なるものがありました。靴を脱いで歩いてみたんだけど、もう痛くて無理…友人は平気な顔して歩いてたのに(笑)

忠烈祠

交代式

忠烈祠の交代式も見学しました。ここはいわゆる靖国神社のような、「国の為に命を落とした」兵士の慰霊施設。これまたきっと本省人と外省人の問題があるのかなあ?と考えつつも、交代式のすごさに目は釘付けです。

このような観光地を回る間に、旅行代理店としっかり手を組んだ物産品店などにも立ち寄ります。写真は「お茶セミナー」と題してお茶屋さん。まあ、こういったベタな物産品店って、悪くはないんだけどね。会社用とか、当たり障りのないものを買うのにはぴったりだと思います。他にも、免税品店や足つぼマッサージ&漢方薬店とか回りました。物価が安いからといって勧められるままに買うと大変なことになってしまうので注意♪ですよ。
2010.10.02 23:00|たび
あっという間に今年も残りあと3ヵ月となってしまいました。9月は全くといっていいほど仕事をせずダラダラと過ごす毎日で(汗)いいんだ、これから頑張るんだから…

さて、遅くなりましたが、9月5日~10日まで行った台湾のお話です。なんでここまで引っ張ったのかといえば、とあるものが台湾から到着するのを待っていたから。さて何でしょう(謎)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

学生時代にハワイに行って以来の2度目の海外・台北です。パスポート取り直したもん。。

新千歳から台北まではチャイナエアラインとエバー航空の2社が就航しています。でも、いずれも台湾から来る観光客にとって都合のいいスケジュールになっており、往路は桃園国際空港に夜着、復路は午前発、と実質中日しか使えないんですよね。そんなわけで、基本プランにもう1泊足して、4泊5日=中3日で行ってまいりました。でも、HISのフリープランは空港までの送迎がついているので非常に便利。お勧めですよ。

泊まったホテルは比較的安めの「豪景大酒店(RIVER VIEW HOTEL TAIPEI)」。MRT西門から10分くらいと、ちょっと外れの淡水沿いに建つホテルです。この西門は電影城(映画館)が軒を連ねていて、しかも路面店も多数あり、夜遅くまで賑わってるスポットみたい。渋谷か新宿かってとこですかね。

もう21時近かったので、とりあえず近所のコンビニを探すことに。台湾は本当にコンビニ天国。しかもセブンイレブンとファミリーマート(全家)が至るところにあり、ここは日本か?ってくらい。しかも、ちょっと高いけど日本の飲み物やお菓子が売られているし、ファッション雑誌は日本の最新号の翻訳だし、とある程度は予想していたけど、びっくりするくらいでした。違うところといえば、日本のコンビニのおでん売り場のようなところに置かれているのは、おでんではなくウーロン茶卵ってところくらいかな。ここで「三明治」とペットボトルのお茶を買って明日以降に備えるのでした。

※三明治はサンドウィッチのこと。

日式緑茶

写真は買ったペットボトル。よく見ると、「日式無糖」と書いてあります。日式とは日本風。つまり、台湾のペットボトルお茶は基本的に加糖ってわけ。

翌日は朝から無料で申し込めたHISのオプション観光ツアーに参加しました。観光バスでメジャーなスポットを回り、お土産屋さんにも連れてってくれるという、旅行代理店も客も双方にメリットのあるプラン(笑)個人だと説明とかないしね。まず最初は「保安宮」という医学の神様=保全大帝を祀るお寺です。

飾り
保安宮1

日本のお寺と違ってどこも鮮やか。「わびさび」の文化は当然中華圏にはないので、神様を祀る所は常に鮮やかにしてなければならないというわけです。この日は猛烈に日差しが強くて暑かった…

参拝
参拝する人は線香に火をつけ、神銭、お供え(生の果物とか、寺務所?で購入できるお菓子など)を写真のように置いて、日本のそれに比べて何倍も長い&太い線香を掲げてました。住所と名前を述べてからお願いごとを唱えないと、神様が誰か分からないので、適えようもないんだって(笑)

神銭は参拝が終わったら火をつけて神様にあげるそうです。
神銭
保安宮のあとはすぐそばにある孔子廟。これはもちろん孔子を祀ってあります。基本的な構造は大差ないので省略。孔子廟ならでは、といえば、階段が巻物を模しているということでしょうか。そういえば、龍の爪の数は身分によって決まっているそうです。貴族の家は3本、神様はそれより偉いので4本。だから写真は4本になってますね。それより偉い5本の爪、というのがあり、それは皇帝しか許されないのだそうです。
巻物
龍
【おまけ】
孔子廟の園内にいた台湾リス。大きかったです。
台湾リス


2010.10.02 22:37|C&A
何よりなChageさんとASKAさん。
こないだYahoo!ニュースのトップに記事が掲載されていたときはtwitter上で祭りになってましたねww喜びつつも、「活動休止以来、それぞれ3枚目のソロアルバム」とか書かれていたのを読んで、

「そういやASKAさん、全部カバーアルバムでは…」と後からこっそり思ったことは内緒です(笑)

今回はライブで遠征する計画はないので、地道に応援してます~。
来週のChageさんのニューシングル「まわせ大きな地球儀」、お忘れなく☆
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。