--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.30 22:18|C&A
ASKA CONCERT TOUR 10>>11 FACEs 札幌公演
2010.11.27-28@ニトリ文化ホール

札幌公演2日間とも参加してきました。
ネタバレなしの個人的な想いを書かせて下さい。

11月3日に「君の知らない君の歌」をリリースしたASKAさん。
もちろん私も発売と同時に購入しました。
いつもだったら感想を真っ先に書くところでしたが、
何となく書けなかった。
それは、端的に言ってしまうと違和感があったから。
原曲を超える感動を得られなかったんです。
悪くはないんです。
でも、打ち込みが多用されている曲は、
個人的にあまり得意じゃないこともあって。
そうじゃない曲ももちろんあるんですが、
他にも「明け方の君」のあのイントロとかね(笑)
そんなわけで、正直にいうとわくわくしながらライブを待つ、
という気持ちではありませんでした。

で、実際にライブに行ってみてどうだったか。
ASKAさんはやっぱり素敵でした。
それは間違いない!
特に札幌初日は、今ツアー最長記録の
2時間50分強だったことで分かるとおり、
ASKAさんが絶好調なMCを展開したこともあって、
ひたすら笑い転げてました。本当に楽しかった。
そして、ASKAさんは爽やかにエロくて、
どうしようかと思うくらい(爆)
いやホントです。
MCで恋バナをしたこともあってか、
今までになくASKAさんが生々しく
感じられたのもあるのかも。
表情も笑顔が多くて、こちらも幸せになれたなあ。
2日目はなんと3列目花道!という席だったので、
挨拶にきてくれたASKAさんとの距離は1.5m位!
ドーラン見えたのがすごいです <あきさん
地肌は見えたけど(爆)
もちろん、「ありがとう!」の生声バッチリですよ。
私、カウントを取る足元が大好きなんですけど、
あれって、真正面じゃ見えないんですよねー。
ずーっと眺めてました。

声の調子ももの凄く良くて、ぐわんぐわん響いていました。
不思議なことにCDで聴いてたときには「あれ?」と感じた曲も、
ライブだと馴染んで聴こえるの。
アンコール1曲目は歌謡曲コーナーですが、
歌いだした瞬間の、お客さんのざわめきと笑い、
そして超盛り上がる(笑)それくらい似てるのよ。
あれ、ご本人聴きに来ないかな。
どんな感想を持ったか聞いてみたいです。

そんな訳で、ライブが終わってからというもの、
ASKAさんの爽やかエロで脳内がピンク色です。
やっぱり好きな人だわ。




でも。
ここで敢えて厳しいことを書きます。
ライブは素晴らしかった。
だけどこのままじゃいけないと思うのです。
実際、ここまで集客が落ちてるとは思わなかった。
札幌公演は両日共に2階席の空席が目立っていました。
特に2日目は、開演を16時に早めているのにもかかわらず、
2階がほとんど空だったばかりか、1階の後ろ2~3列も空席あり。
グッズ売場も、WALKツアーの時は開演直前まで列ができてたのに、
今回は閑散としたものでした。
これは、きちんと考えなければならないと思います。
札幌ばかりの問題ではないでしょう。

グッズは欲しいものがないんですよね、最近。
コンサート会場における物販収入は重要なはず。
アンケートでも取って、満足度の高いグッズをお願いします。
高級品がいいってもんじゃないのよ。

集客については…
やはり、オリジナルアルバムの発売がないのが痛い。
チャゲアス休止宣言してまでやりたかったいソロ活動って、
結局シングル1枚と、カバーアルバム3枚なわけ?
しかも他人カバーではなくセルフ(STANDARDは若干違うけど)。
ならば敢えてアルバム出さなくてもライブアレンジでいいじゃん、
そう考えてる人が多いからでは?
ファンなのに新曲ばっかり求めるのは、
彼が本当にやっていきたいことを理解してないんだ、
という批判はもちろん承知しています。
でも、好きだからこそ、会場の空席を見ると悲しくなるの。
じゃあ、どうすれば集客が戻るのさ?

と逆ギレしてしまいましたが(爆)、
実は今回のライブMCでASKAさんが内に抱えてたものが、
何となく見えたような気もしました。うん。
それでちょっと気持ちが変わったところもあります。
なので私は、考えすぎないことにしました。
仮に波長が合わないときは無理をしない、
というスタンスで行くことにします。
ASKAファンであることには変わりないんだし、
ファンだから全てが好きなんだ、ってのも変だし。
今ツアー後、どんな方向に進むのかは明らかになってませんが、
ドアを蹴飛ばしてくれるといいな。

んー、小難しく語ってしまった。
でも、ライブは楽しかったのよ、何度も言うけど(笑)
スポンサーサイト
2010.11.23 22:27|たび
さて、変身写真が終わったらお昼時になってました。そしてこの日も暑かった!暑い中向かったのは担仔麺のお店、「度小月」です。

坦子面

「担仔麺」とは…台南発祥の豚そぼろに海老、香菜といった具材で、ニンニクの味きいたスープの麺です。「湯」(スープ)と「乾麺」(スープなし)があるんだけど、スープなしだとどんな感じなのかなあ。担仔麺、見た目のわりにあっさりしていました。美味しかった~!

それにしても台湾って料理が美味しいです。辛すぎる、とか酸っぱすぎるとか、突出したものがなくって、日本人に親しみやすい味付けだと感じます。ああ、美食の国。台湾の小姐たちはみんなスタイルが綺麗。日本によくいる不健康な痩せ体型の人はいなくて、きちんと出るところは出て、引っ込むところは引っ込んでいて。すごくヘルシーな美人さんが多いのよね。見習いたいものです。

お店を出た後、友人が行ってみたいといっていたシノワズリ雑貨を扱うショップを探ししばらくウロウロして無事に見つけ、さらにはまたまた「鼎泰豊」の支店に入ってしまったのでした。やっぱ小龍包サイコーなり。

次なる目的地はスーパーです。地元のスーパーに寄ればばらまき土産に最適なお菓子類が見つかるかも!ということで、ガイドブックに掲載されていた「頂好(Welcome)」へ。実は台湾の一般的な家庭では、皆さん朝市を利用することが多いみたいですね。特に生鮮食品なんかは。まー、生鮮食品を買うわけにもいかないのですが、面白い食材は色々ありましたよ。そして、予想通りに激安なばらまき土産が多数♪なにせ台湾版ハイチュウが12元とかですからね、買いあさりました~。味も結構面白いのがあって、綿あめ味とかプリン味とか。ついつい時間を忘れてしまうくらい。

んで、両手に結構な荷物を持っていったんホテルに戻りました。16時にホテルにオプションツアーのワゴンが迎えに。alan1.netというサイトを経由して、JTB台北が企画した「ノスタルジック九イ分」というツアーに参加するのです。

九イ分という町は、台北から高速道路を使って東に一時間程度、海の近くの山間部にあります。19世紀末に金が発見され、ゴールドラッシュに沸いたものの、その後金鉱はさびれ、町も衰退していったそう。再び脚光を浴びたのは映画「悲情城市」のロケ地となってから。急勾配の細い坂道(車はもちろん通れない)の両側に建物が立ち並び、夜になれば赤いちょうちんに灯が点る…どこか昭和の日本を思い出させますよね。台湾を代表する観光地です。実はここ、「千と千尋の神隠し」のモチーフとなっている町なんです。ほら、なんとなく見覚えがありませんか?

DSCF0539.jpg 
DSCF0554.jpg

DSCF0550.jpg


DSCF0551.jpg


軒を連ねるのはお土産屋さんや中国茶の店、屋台。歩けば15分もかからずに周り終える小さな町に、観光客がみちみちに押し寄せてました(笑)夜の方が綺麗なんだけど、この町は19時過ぎたらお店がほとんど閉まってしまいます…。シャッターが降りた町をむなしく歩き、(でも町並みはすばらしかった)、どうにか開いていて入ったお店はこの「タロイモお汁粉」を出すところ。
DSCF0557.jpg

ほんのり甘いタロイモのお団子と、豆がいっぱい入った優しい味。ウマー。そしてもう一軒、集合時間が来るまでいたのは「阿妹茶酒館」。茶芸館での優雅なお茶タイム♪何杯でも飲めちゃうのよね~、中国茶って。
DSCF0559.jpg

今度はぜひ、日中の九イ分にも行ってみたいなあ、と思ったのでした。
2010.11.23 22:10|たび
足掛け1ヶ月半近くにわたって連載してきた台湾旅行記ですが、このたび、世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザーさんから、「おすすめブログ」として掲載していただけるとの連絡がありました!拙い内容ですが、少しでも旅行を考えている人の役に立てばなあ、と思います。バッヂもいただきましたよ。掲載ページはいまのところここらへん。
http://www.tripadvisor.jp/Tourism-g293913-Taipei-Vacations.html
http://www.tripadvisor.jp/Hotels-g293913-Taipei-Hotels.html
http://www.tripadvisor.jp/AllReviews-g293913-Taipei.html

読みやすいブログ、というものを研究していかねばなりませんねー。
2010.11.14 22:13|たび
台湾旅行記その4

前回「番外編」として出した写真、意外に面白がっていただけたようで有り難いです(笑)

写真はこちら
※パスワード入力制です

「変身写真」というこの手の写真は、台湾・韓国・中国ではお馴染みのものだそう。日本にも京都で「変身舞妓」ってありますよね。…私もそこでハマったクチですが(爆)もともとは「結婚写真」といって、結婚するカップルが色々なドレスをきて、いろんな場所でとにかく幸せそーな写真を撮りまくり、分厚い写真集に仕上げて、披露宴ではその写真を出席者に見せる、という習慣から派生したものだそうです。しかも、デジタル時代の恩恵を受けて、「そうでない人もそれなりに」どころか、シミ、シワ、輪郭などなど補正もばっちり!足の長さまで変えられるらしいけど、本当でしょうか?台湾→韓国→中国の順に伝わっていったとか。

さて、今回変身写真を撮るにあたって血眼になって(笑)見たのは「台湾ナビ」の写真館のクチコミページ。安いだけでは満足のいく写真が撮れない、でも写真のためだけに台湾に行くわけではない、という命題を両立させるために何度もチェックしましたよ~。そんな中で選んだのが、今年1月にオープンしたばかりの「Magic.S」です。

こちらは、もともと定評のあった「1981台北写真館」のスタッフが独立して開いたお店だそうです。当日は朝10時の予約。その時間までホテルの近くのお寺を散歩したりして、若干早めにつきました。もちろんノーメーク!

お店はピンクを基調としたインテリアで、すごく可愛らしいです。入るとすぐにスタッフさんが迎えてくれます。もう、すべて日本語、至れり尽くせり。先に本日のコースの確認と、国際郵便の宛名を書きます。そう、写真は「修整後」印刷なので、当日受け取れないのでした。

一通り終わり、鍵のかかるロッカーに私物を全部入れ、ドレスを選びます。私たちは一着だけだったのでわりとあっさり決まりましたが、それでも、ここで結構時間かかる人多いと思うな。アドバイスとしては、あらかじめ写真館のホームページで、どんなドレスがあるかを確認し、なりたい自分のイメージを固めておくこと。私は、

・赤を基調にしたチャイナドレス
・いつもの自分とは違った感じで

の2点だったので、即決断。ドレスによっては、下着が見えてしまうので事前の準備は怠りなくね☆そして、サイズが大きい場合はつまむことができるけれど、小さい場合はどうしようもないので、自分の体型にあった服を選びましょう。私の着たチャイナ、結構ぴったぴただったもん・・・食後だったらお腹出てたわ、きっと。

ドレスを来たらメイク&ヘアセット。使用されているものはすべて外資(日系含む)の、身元のはっきりした(笑)化粧品ばかりなので安心して下さい。手早く、しかも写真映えするように鮮やかにドレスに合わせた化粧をしてくれます。私の場合、いつもの自分とはちょっと違う風に、というリクエストをしたので、昔の映画に出てくる妖艶な女優さんっぽくしてくれて、それがまた自分の描いていたのとぴったり!安い写真館だと、どの人も同じようなメイクになってしまうそうですので、ホント良いとこえらんだなあ、と思ったのでした。そしてつけまつげ初体験(笑)いやあ、つけると目の周りの印象が変わる!そしてばっさばっさと目が重い!すごいわー、あれ。ちなみに、髪の毛は全体にホットカーラーを巻いた後、片側に寄せて、前髪ウイッグとサイドにもウイッグしてます。指輪、イヤリング、ブレスレットと小道具も本当にいろんな種類がありました。

さて、スタイリングができたらいよいよスタジオへ!これがまたびっくり、いろんなシチュエーションのスタジオがあるんです。私はチャイナだったので、中華風のセットになりました。実際に作った写真は5枚ですが、実際には20枚は撮ったんじゃないかな。ポーズはカメラマンさんが指示してくれるのですが、いかに自分が背中丸まってるかを痛感させられました(笑)そして指先の作り方の難しいこと…。モデルさんって綺麗なだけじゃだめなんですね。すごい体育会系の仕事だと思う。それにしても、撮られるのって快感(笑)

あっという間の、でも全身が無理なポーズで疲れた撮影が終わったら、着替え。メイクはせっかくなのでつけまつげだけ外してそのままでいくことに。髪の毛もホットカーラーで巻いてあるのでふわふわしてていい感じでした。

私たちは時間を有効に使いたかったので、写真をお任せで選んで修正してもらうことにしました。シミやシワなど、特に気になるところがあれば、伝えておくといいですよ。すべて終わってお店を出たら12時ちょっと前。2時間ってのはなかなかスムーズに終わったんじゃなかろうか。

お値段について。私たちは一番安い写真2枚、衣装1着、CD-R付で2200元のプランにし、写真を3枚追加しました。これがなんと4500元(笑)だったらはじめから上のコースにすれば、という話もありますが、別に衣装は1着で良かったし、3時間も使いたくなかったというわけです。仕上がりは本当に大満足の結果となりました。そして確かに修正されてる!2の腕とか細くなってるもん。鼻筋もなんかすーっと通ってるし(笑)

ちなみに。会社の宴会の時にウケ狙いで持っていったら、ダントツでおじさまに人気だったのはスリット丸見え写真でした(笑)

次回台湾に行くことがあったら、今度は半日くらい変身写真に費やしてみたいです。というわけで、変身写真のレポートでございました。
2010.11.14 21:55|たび
そういえば、すっかりオプションツアーで「故宮博物院」に行ったことを忘れておりました。「故宮」は現在、北京と台北の2カ所に存在しています。清朝の宝物を収蔵しているわけですが、国民党が台湾島へ逃れる際に、王宮からめぼしいものをすべて持っていったとか。ですから、台北の故宮の方が価値が高いものが収蔵されており、北京の故宮の方は建物と、重くて持ち運びできないようなものばかり残っている…はたしてどこまで本当なのやら。そして、ガイドさんが都市伝説を教えてくれました。

台湾の故宮博物院は台北郊外の小高い山を背にした土地にあるが、実は故宮と台湾総統府と空港はトンネルでつながっている。有事の際は総統府→故宮→空港で、宝物を持って逃げられる…

台湾の歴史を考えるとあながち嘘でもない気がしますよね。

さて、そんな故宮博物院ですが、さすがです。世界中からの人であふれかえっておりました。もちろん日本語対応もばっちりです。しかーし、ここで与えられた時間はわずか1時間!最低3時間はないと無理なだと思うよ…でも、よくばりな私たちは自由行動を走りまくって見れるだけ見ました(笑)ここで有名なのは「翡翠でできた白菜」「石を加工した角煮」です。なんというか、清王朝の方たちの食に対する欲のようなものを感じますね~。でも、その他にも180年くらいかかって作り上げた象牙の超!精巧な細工だとか、展示物は無限にありました。でも、正直あんまり細工ものには心を惹かれず。一番素敵だな、と思ったのは、清の最盛期に西洋の文物を積極的に取り入れた名君乾隆帝時代の西洋風の磁器の数々。色鮮やかで精巧で、とにかく可愛いのでした。

猛ダッシュで展示室を駆け抜けて、残り10分で寄ったのはスーベニアショップ!普段でも美術展や博物館、寺社仏閣の類のお土産コーナーには目がない私。手頃でセンスのあるものはないかと目を見開きまくってカゴに入れました(笑)じっくり見る余裕はなかったけど、書道用の様々な筆を売ってたのが中華圏らしかったな。

見終わった後は正直ぐったりだった故宮博物院。膨大な収蔵物は3ヶ月に1度、入替になっているそうです。いつかまた、リベンジしてみたいものです。
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。