--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.27 20:28|C&A
ASKAさんのオリジナル新曲がBOOKEND収録の「思い出すなら」以降、
こんな早くに公表されるとは、誰が思ったでしょうか(反語)
21日からiTunes Store、レコチョク等で配信されています。
武道館ライブでも早速お披露目されていました。

今までのASKAさんの楽曲とは、ちょっと毛色が違う気がします。
「らしくない」というわけではないのですが、
彼のソングライティングが新たなフェーズに入ったような、
そんな印象を受けるのです。

まず、タイトル。
「歌の中には不自由がない」。
チャゲアス活動休止後にASKAさんが発表したオリジナル楽曲は、
「あなたが泣くことはない」「L&R」「思い出すなら」
そして今回の楽曲と未発表の「朝をありがとう」です。
そう、日本語体言止めのタイトルがない!
「はじまりはいつも雨」だとか「帰宅」みたいな曲名。

ざっくり考えると、チャゲアス楽曲は英単語タイトルが多いです。
「SAY YES」「YAH YAH YAH」などなど。
それか、日本語体言止めタイトル。
「ひとり咲き」に始まり「地球生まれの宇宙人」みたいにね。

なんだけど、ことASKAソロの楽曲に限ると、そうでない楽曲が多い。
割合から言っても高いんじゃないでしょうか。「君が愛を語れ」「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」
「月が近づけば少しはましだろう」「同じ時代を」(以下略)
そして、今回のこの立て続けの体言止めじゃない曲たち。
何か秘密があるのでしょうか。

…たぶんないでしょうけど(笑)

まあ、そんな気分なんでしょうね、ASKAさんが。

それにしても、「歌の中には不自由がない」という日本語の意味。
単純に言い換えると「歌の中には自由がある」になりそうですが、
でも、その2つの言葉のニュアンスは異なっています。

後者の場合、「歌の外」の世界は自由がなく、歌の中に逃げる、
というイメージが浮かんできます。
でも、前者だと、「歌の外」を否定することにはならない。
ただ、時に面と向かって声高に言えないことでも、
あるいは隠されていた真実も、歌の中では自由に言える、
そんなことをタイトルだけで伝えてくれています。

歌詞は
①自分の言葉がどんどん捻じれていっても、歌は真実
②今まで信じてきたことが嘘だったとしても、歌は真実

そんな内容に分かれています。①は「群れ」に通じるテーマですね。
②は…明らかに311以降の日本を歌っているのではないでしょうか。
比喩表現も相変わらず秀逸。
「役目のような垂直の雨が 街をたたんでいく」

ただ、前回の記事にも書きましたが、
今までに比べてストレートな歌詞に変化しています。
なのに、聴けば聴くほど新たな理解がある。
スルメソングの進化形!

曲調はマイナーロック。
Cメロ前のピアノのメロディがとても印象的です。

そして、アレンジャーの旭さん、バンマス澤近さんが
「神が降りてきた」とつぶやいていたボーカル。
細い声質では曲に負けちゃうでしょうね、きっと。

うーん、ASKAさん、「ドアを開けた」気がする。

個人的には今回歌詞カードなくても全てディクテーションできたのが、
ちょっと驚きでした。滑舌?鼻のとおりが良くなったから?
スポンサーサイト
2012.01.25 22:40|C&A


セットリスト

Love Is A Many-Splendored Thing
Smile
My Life
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
また逢う日まで(尾崎紀世彦)
天使の誘惑(黛ジュン)
廃墟の鳩(タイガース)
あの鐘を慣らすのはあなた
木綿のハンカチーフ(太田裕美)
ここに幸あれ(大津美子)
MOON LIGHT BLUES
What A Wonderful World
Stardust
歌の中には不自由がない
朝をありがとう(未発表)
思い出すなら
僕はこの瞳で嘘をつく
夢のかなた
BROTHER
月が近づけば少しはましだろう
野いちごがゆれるように
世界にMerry X'mas
見上げてごらん夜の星を



ここ最近、ASKAさんの活動に関しては、2010年のツアー「FACEs」、
昨年の情熱大陸@芸術の森、そしてカバーアルバム発売の連続、と
ちょっと馴染めずにいました。
だから、「BOOKEND」や今回の「昭和が見ていたクリスマス!?」についても、
そうなんだ、ふーん、といった冷めた認識で日本武道館への遠征なんて、
考えもしませんでした。jammin'Zebに夢中になってることもありますしね。

正直に書きます。
カバーアルバムが続いて飽きてました。
それから、ライブ。
お客さんとの波長が合って、気持ちのキャッチボールができる。
私はライブの醍醐味はここにあると考えています。
FACEs札幌公演と情熱大陸@芸術の森ではそれが伝わってこなくって、
どんどんテンションが盛り下がっていきました。
およそファンとは思えないスタンスでした。
あと、チャゲアス活動休止後のASKAソロについては、
ツアー「WALK」で見せたようなエッジがきいたものを期待していたのもあります。

そんな中で迎えた今回のシネマライブ。

…テンション上がった(笑)

もの凄い声だったんだもん!
新曲が聴けたんだもん!

ASKAさんの声は完全復調どころか、ここ10年で最も素晴らしいコンディション。
身体全体が楽器のように「鳴って」いる。そんな表現がぴったりでした。
そして、この声だからこそ、ビッグバンドでの演奏が映えるんですよねー。
っていうか、ポップス系歌手でここまで歌える人、いないと思います。

しかも、先に書いたような、歌を通したキャッチボールができていた。
特にオリジナル曲の歌唱については。
受け手の問題だろう、って気もするけど、でも、伝わった。

あと、英語の発音もCDよりは上手だったよ(笑)
でもまあ、もうそろそろカバー曲は十分歌ってきたんじゃないかしら。

オリジナル曲でビッグバンドの良さを存分に生かしたアレンジだったのは、
なんといっても「夢のかなた」「野いちごがゆれるように」。
これは素晴らしかったですね。
今のASKAさんの声は厚みのある金管サウンドに負けない。
「僕はこの瞳~」「BROTHER」のアレンジはもうひとひねり欲しかったかな。

そしてやはり、未発表新曲を含む、2011年後半からの制作曲たち。
どうしたんですか、この勢いは(笑)
311をきっかけにして何か変わったのかもしれない。
すごくストレートな詞になった気もします。
ラストのMCもぐっときましたね。
いつもASKAさんは大事なことはあまりはっきりと言わないけれど、
今回はしっかり伝えてきました。

もうさ、いい年なんだから、思いのたけをぶちまければいいのよ。
気に食わないことがあれば文句言ってもいい、自由にやっちゃおうよ。
そんなASKAさんを私は見たい。

うん、秋からのツアー/オリジナルアルバムのコンセプトが楽しみになってきた。
そんな今回のライブシネマでした。

馬油の効果なのか、滑舌よかったし。
あとは体をもう少し絞ればばっちりですね。
2010年の10daysから、、一体どのくらい増量したのやら(爆)

タグ:セットリスト

2012.01.16 19:23|C&A
土曜日、札幌在住のフォロワーさんたちとオフ会をしてきました~。
@codename01さんと@wanpk_ktさんの女子2人。

18:00スタートでしたが、帰ったのは終電(笑)
いやあ、楽しかったわ、マジで!

一度に十数人規模だと、あまり密な話もできないと思うのですが、
5人くらいまでならホントじっくり話せます。
最近、あんまりチャゲアスのことを考えてなかったので(爆)
今週末の武道館シネマライブへのモチベーションが上がりました~。

次は武道館報告会ってことでよろしくです( ̄ー+ ̄)

全国各地から武道館に向かわれる皆様が、
トラブル等なく、無事にライブに参加できますように♪
2012.01.10 21:41|日々
2月に5営業日連続の休暇+土日があります。
2010年9月以来の連続休暇なんですよねー。
で、たいていはどこかに旅行をしていたのですが、
今年は遠出はしないことにしました。

というのも、2011年に旅行で金を使いすぎた…
東京2回と松江・出雲。後者は旅費だけで10万超えでしたから。
土産の果てから含めたら17万くらいはいってんじゃなかろうか。

会社勤めを始めて6年を超えましたが、
手取り給与は20万。残業少ないと20万いかないからね。。
ボーナスも、経営状況が厳しい中で、大した額じゃありません。
そんな中で旅行を楽しみ過ぎてたら、当然貯金なんてできない。

私くらいの手取り収入+実家暮らしの場合、
100万は貯金するのが当たり前、なんて雑誌の特集見ると、
うわー、自分やばい、と思ってしまうのです。無理。
みんな何着て何食べればそんなに貯められるんでしょ。

そんなわけで、私が1番セーブできるものといえば、
やはり旅行なわけです。今の私にとっては、
jammin'Zebのコンサートに足を運ぶのが優先事項。
幸い、東京なら高くても4万円くらいで行けるし、
それなら3回ほど参加しても大丈夫だろう、という皮算用。

もちろん、わざわざ遠征するわけですから、
いわゆる「フル」じゃないライブに行くことはしません。
イベント参加等、10曲以内ならコスパ悪いもん。
(こういう言い方はしたくないけどね。。)

そんなわけで、今年の連続休暇は家でおこもりします。
マッサージとか、自分磨きをすることにしようっと♪
2012.01.09 20:02|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
ようやくたどり着いた・・
明日から2012年のjammin'Zebの活動が始まるので、
なんとしても更新したかったのよね。
超大作なので、折りたたみになってます。

2011年12月23日@恵比寿The Garden Hall
jammin'Zeb X'mas Fantasy 2011

セットリストは以下のとおりです。



Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
The Christmas Song
When A Child Is Born *
Here Comes Santa Claus *
Hail Mary *
Have Yourself A Merry Little Christmas
Besame Mucho
I Got Rhythm
Bridge Over Troubled Water

   ~休憩~

Beautiful Smile
Serenade *
Rise *
Summertime
Silent Night
Christmas Eve
Jingle Bells
祈り雪
This Night
Peace On Earth

(Encore)
You Can't Hurry Love
O Love That Will Not Let Me Go *

*はア・カペラ

続きを読む >>

タグ:セットリスト

2012.01.09 19:45|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
いつまで続くんだ、って感じですが…あと2回くらい?

【実はすごく難しいのを軽やかに歌ってる】
これについては、プロデューサー・宮住氏のブログを読めば分かります。
このあたりがいいかな…→ジャミン・ゼブ『裏・ガーデン』その2
プロデューサーにこんなことを言わしめるなんて、恐ろしい子たち…!(月影先生風)
「軽やか」っていうのも私にとっては重要なファクターだったりします。
クラシカルクロスオーバー系、聴いてると疲れるんですよね。。(特に男声)
外交官「外交官 黒田康作」でIL DIVOの歌う「Time To Say Goodbye」がいいなあ、と思い、
ラブソングを集めた彼らのアルバムを手に入れた私。
…。
…。

3回聴いたくらいでお腹いっぱいになって、お蔵入りしてしまいました。
別にオペラ楽曲が嫌いとか、そんなわけではないんです。
ミーハーな我が家には三大テノールのCDとかあるしね。
ただ、朗々とやられるとすぐにお腹いっぱいになるんだなあ。
その点、ジャミンは爽やかかつウォーミーな声。
毎日何回聴いても飽きない、これは凄いことだと思います。
だって、聴いてると音が万華鏡のようなんだもん。
ま、この辺は個人的な興味の問題なので、お気に触ったらごめんなさい。

【全員がリード・ボーカルを取れる】
これについても、他のグループのことは知らないので、
もしかしたら当たり前なのかもしれません。
どの顔がどの声を出しているのか分からなかった時(笑)、
ぜんぜん声の区別がつかなかったんですけど、実際に顔と声が一致してからは、
「わー、ぜんぜん声質違うのに、ハーモニーがこんなに混じるんだ」と思ったっけ。
それでいて、みんなリード・ボーカルとしては、その特徴を生かした歌い方をしています。
特に私は、1曲の間で全員がリード・ボーカルを取るような曲が聞いてて幸せです。
直近でいうと、「Beautiful Smile」とか「La Mer(Beyond the Sea)」とかね。

【英語の発音が綺麗】
英語の楽曲を歌う以上、これは必須だと思うんですよ、私。
その曲に敬意を払う意味でも、ネイティブとはいえないまでも、
発音には気を遣ってほしい。
…そう、ASKAさんのカバーアルバム「BOOKEND」を聞いて思いました。
あのアルバム、発音で台無しになってるような気がするんですよね。

その点、ジャミンはネイティブ1人いるし、他のメンバーも英語と親しい。
でも、それだけではないんです。上手、下手という問題ではないんですよね。
歌う際に、ある基準を設定することは大切だけど、
それを超えた何か、を目指そうとすること。
スティーヴさんのこんなブログが参考になるかも→完璧という幻想

ASKAさんも、もうちょっとそこ考えてくれてたらなー(愚痴)

続きを読む >>

2012.01.08 20:39|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
私がjammin'Zebを好きな理由。それは…いくつもありますが。。

・ 歌う曲のジャンルが多彩
・ ハーモニーが複雑で美しい
・ 実はすごく難しいのを軽やかに歌ってる
・ 全員がリードボーカルを取れる
・ 英語の発音が綺麗


これが好きな理由の大きなところかな。

【歌う曲のジャンルが多彩】
これがもっとも大きな理由です。
公式HPでレパートリーを確認していただけるとわかりますが、実に多彩。
jazz、pops、J-pop、クラシック…と何でもござれ状態。ドイツ国歌まで(笑)
クラシカルクロスオーバー系のグループが好きになれないのはここかも。
どのグループも「Time To Say Goodbye」「Nessun Dorma」歌ってるじゃない。
ジャンルが多彩なのは、恐らくプロデューサー宮住氏のおかげです。
メンバーの年齢からすると、親世代が聴いてた曲だもんね(私もそう)。
宮住先生が超雑食な音楽好きで本当に良かった…!
もちろん、どの曲もjammin'Zeb流に新鮮に生まれ変わっています。
「When I Fall In Love」や「So In Love」とか、こんなに熱い曲になるとは!って感じ。
そして、「原曲はどうなっているんだろう?」などど、
新しい音楽の世界がどんどん広がっているのも、私にとっては嬉しいおまけ。
コール・ポーターやミシェル・ルグラン、本当に良いっす。

【ハーモニーが複雑で美しい】
私、ピアノは弾けますが、音楽理論はさっぱり分かりません。
なので、何がどうすごいか理屈立てて説明できないのがもどかしいのですが、
まずは試聴してみてください。→こちら
ハーモニーが良く分かるのは、HP上から順(新しい順)に、
・Rise
・さくら
・Orange Colored Sky
あたりかな。全部アカペラ楽曲です。
なんていうんだろう、すごく繊細なハーモニーだと思いませんか?
男女混声グループですが、マンハッタン・トランスファーやサーカス、
こういったジャズコーラスグループの系列のハーモニーなのかな。
バーバーショップ・ハーモニーというのもベースにあるようです。
もうひとつ、動画を。
2012.01.07 21:10|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
ジャムセッションするシマウマ=jammin'Zeb。
そんなわけで、ファンの人達はゼブメンだとかシマウマ君とか
呼んでいるのです。

さて、その1で紹介した、個性豊かなメンバー構成のjammin'Zebですが、
なんで私、こんなにはまったんだろう?と時々自問します。
男声ヴォーカルグループなんて結構あるんですよね。

たとえば、最近売り出し中だと思われる、Le Velvets
湯川れい子女史がバックアップしてるせいなのか、結構テレビ出てますよね。
いろんな意味で微妙だった(笑)FNS歌謡祭では、
東方神起+ゴスペラーズと一緒に歌ってました。



この人達、全員音大出身で、ダンスのために筋トレとかしてるらしい。
でも、なんていうか見てて気恥ずかしくなるのは何ででしょう(笑)
普通に歌えばいいのに。。。
あと、ESCOLTAってグループもありますね。

上記2グループは、いわゆるクラシカルクロスオーバー系。
IL DIVOあたりが目標なんでしょうか。
さらにLEGENDなどオペラユニットというのもありますが、
こちらはメンバーの年齢も高めです。

あとは、R&B系、J-Pop系のグループ。
ゴスペラーズやRAG FAIR、Baby Booあたりがメジャーなのか。
でも、ほとんど興味ない。
ゴスペラーズについては、結構ヒットした曲があるから、
それぐらいは知ってるというレベル。
RAG FAIRはコミック系・・?Baby Booはアカペラって感じ。

ゴスペラーズのファンでjammin'Zeb好き、
ESCOLTAのファンでjammin'Zeb好き、って人もいるようですが、
私はまーったくそんなことはないんです。
じゃあ、ジャミンの何が好きなのか?

その3に続きます。
2012.01.07 20:31|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
Screenshot_1.jpg

jammin'Zebってどんなグループ?って思った方。
以下は公式HPからお借りした紹介文です。
他にも文中には「平均身長180cm、4人のうち3人がハーフと、華やかで存在感は抜群」
とか書いてありますが、ちょっと気恥ずかしいので(笑)カットしてます。

jammin' Zeb(ジャミン・ゼブ)

ジャズ・コーラスをベースに、あらゆるジャンルの楽曲を爽やかに歌いこなす、
スーパー・ヴォーカル・グループ。一度ライブに接すると、誰もがそのクオリティーの高さに驚きます。しかしサウンドはあくまでポップ、 決してテクニックに偏ることはありません。ジャミン・ゼブは若きエンターテイナー集団。自由な音楽性を心に響くハーモニーで包み込み、 音楽の好きな全ての世代に「癒し」と「元気」を与えてくれます。

カバー曲の英語がこれまでになくスムーズなのは、ネイティヴのメンバーを始め、皆が日英の言語に精通しているからです。ソロ・ヴォーカルは、強烈な個性を持った各々が自在に入れ替わるため、カラフルで楽しく、 一方でコーラスは不思議な程に美しく溶け合い、柔らかな音色を奏でます。

「ジャミン・ゼブ」は、「楽しくセッションする(jamming)シマウマ(Zebra)」から作った造語です。シマウマには、『白人音楽も黒人音楽も分け隔てなく歌いたいが、両方を混ぜてグレーにしてしまうのではなく、 それぞれが持つ特徴や楽しさをはっきりと出しながら表現したい』という思いを込めました。

メンバーは上の写真左から、リーダーのKojiro、Steve、Simon、Lenseiの4人。
彼らのビジュアルを見せると、必ずこう聞かれるんですよね。

そのグループ、韓流?

続きを読む >>

2012.01.03 18:09|想い
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は色々なことが起きた年でした。
東日本大震災からまもなく10ヶ月を迎えようとしていますが、
原発問題も含めて、いまだに辛い思いをしている方がたくさんいます。
私たち自身が風化させることなく、息の長い支援が必要です。
同時に、3.11をきっかけに、後で振り返ったときに、
パラダイムの転換だったと呼べるのではないか。
今まで当たり前だと思っていたことがそうではない、
その始まりの年でもあったのではないかとも思っています。

仕事的には、多少のストレスも抱えつつ、
いくつか新しいことにチャレンジもできました。
中堅どころの社員として、キャリアアップもしていかなければね。

プライベートは・・「恋」や「婚」と名の付くものには縁遠く(涙)
むしろ三十路を迎えて健康面にぼんやりとした不安を感じてたりしてます。
でも、新しい音楽や新しい土地に沢山出会うこともできました。
さまざまなものとの「縁」をつなぐ、そんな2012年にしたいと考えています。

年末に録りだめしていた某ドラマの中で、印象的なせりふがありました。

諸君はきのうの専門家であるかもしれん。
しかし、あすの専門家ではない。



ブログもぼちぼち更新していきますので、
おつきあいのほどよろしくお願いいたします。
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。