--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.28 20:59|
一幸

GW初日。先日発売されたミシュランガイド北海道版で1つ星を獲得した、「鮨 一幸」でランチをしてきました。真駒内で店を開いて30年以上になるというお店。星獲得でかなり賑わっているのかと思いきや、そうでもなく。ご家族で経営されている、アットホームなお店でした。

一幸ランチ
ランチコース。握り9貫に汁物、茶碗蒸しがついて、1,500円。鰹がとても美味しかったです。藁火焼きにしてるんですって。あとはホッキ。柚子の香りが一瞬したような気がしたなあ。
フルーツほおずき
これ、なんだか分かりますか?食用ほおずきです(中身は食べたあと)。プチトマトみたいな形状の実で、でもすごく甘酸っぱい。初めて食べましたー。

食後は札幌芸術の森で、「フレデリック・バック展」へ。
フレデリック・バック展
かたくりが咲いているのを発見。この陽気が続くと、桜が咲くのも後少しですね。
かたくり


スポンサーサイト
2012.04.23 20:34|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
暑苦しく曲の感想を語ったところで、ライヴ全体について。

STB139はライヴレストラン、というだけあって、
食事しながら音楽を楽しむというコンセプトなのでしょうが、
基本的に皆さん、開演前に済ませていました。
せいぜい、氷がとけて薄くなったドリンクを合間に飲むくらい!?
椅子もステージに向けて、万全の態勢で開演を待つという。
まっ、そりゃそうですね。ライヴが始まったら集中したいものね。
私はパスタを頼んだのですが、これが結構ニンニクきつかった…
OpenからStartまで時間があるので、何も食べないとお腹がすきます。
けど、調子こいて沢山食べるとお財布も厳しい。悩みどころですね。

整理番号順での入場なのですが、わりと1人だと前の方の空いた席に
座れるかもしれません。私は案内のお兄さんに、
「なるべく前、KojiroさんとSteveさん側で」とリクエストしました(笑)
結果的には前から5列目、ハイタッチもできて最高☆な席をゲット。

STB139でのライヴは、ジャミンにとって新曲披露の場であり、
最近なかなか歌っていなかった曲を発掘してきたり、という一種の挑戦。
特に今回は5daysということで、相当リハーサルを行ったと思います。
だけど、本当に楽しそうに、生き生きとして歌ってました。
「あー、これがHOMEライヴなのね」と納得。MCも滑らかだったし(笑)

今まで、ホールライヴの10数列目しか経験したことがなかったので、
ライヴハウスでの5列目がこれだけ近いとは、と衝撃に近い嬉しさでした。
すごいよー、ホント。歌ってる時、話してる時の表情がよく見える。
おそらくそれはステージからお客さんに向かっても同じで、
だからお客さんの反応がダイレクトに伝わってくるんでしょうね。
この一体感、きっとパフォーマンスする側としては、
一度味わうとやめられないんだろうなー。

近くで聴いてみて改めていいなあ、と思ったところ。
その1つはア・カペラ曲の前の音合わせ(笑)
絶対音感を持つ彼らだから、音叉を使う必要はもちろんないわけですが、
音合わせしている姿がいいのです。萌えってやつ…?
そして、ユニゾン部分。jammin'Zeb=素晴らしいハーモニー、
なんですけど、4人で1つの音を出したときの良さを改めて感じました。
声質が違う4人が混じりあって出すなんともいえない優しい音。

できることならもっとずっと聴いていたい、そう思えたライヴでした。
とはいえ、現実には終わっちゃうわけで。
「あー終わっちゃったー」とちょっと放心状態になっていると、
周りの皆さんは早速2階を目指す!
そう、終演後はサイン&握手会があるのです。
ホールの場合、撤収の関係上、写真だとか流れが止まっちゃうことは
控えて下さい、とアナウンスがあるのですが、そんなことはなし!
あんなに熱いライヴのあとで疲れてるでしょうに、
メンバーはほんとに笑顔で対応してくれました。

実は今回、以前からtwitter上でお見かけしていた方と、
なんとお隣の席だったという偶然が!ほんとびっくりしました。
しかも、開場前にお話ししていた方ともtwitterで繋がったし。
twitterとジャミンを通してこんなにご縁が!札幌からきて良かった!
という旨を最後にSteveさんにぶちまけたら(笑)、
Steveさんも北の果てでファンやってる人間がいることをご存じで。
皆さん、ほんとありがとうございました。これからもよろしくです。
ええ、ぜひ札幌でライヴをお願いしますね☆

いつもホールライヴの後は、こんなところが良かった、だとか
私はここに感動した、とか4人それぞれに違うことを言おうと、
列に並んでいる間に頭を必死に働かして大体伝えられているのですが、
今回は「STBほんっとすごかったです、また来たいです」、
とうわごとのように繰り返すばかりでした(笑)次はちゃんとします。

というわけで、大満足のライヴでした。
たった1日の参加でこれだもん、複数日参加してたら
私は一体どうなっていたことやら…

次の大きなライヴは6/2の「Seasonsリリース・パーティ」ですが、
残念ながら、仕事が1年で最も厳しい時期で参加できません。
jazz色が強かったSTBと異なり、ポップなライヴなんだそう。
しかもオペラ座メドレーも!?と行きたくて仕方ないのですが、
仕事と天秤にはさすがにかけれませぬ。東京に転職しようかな(笑)
それでも、また次にジャミンの歌声を聴く日を楽しみに、
頑張りたいと思います。読んでくださり、ありがとうございました。
2012.04.20 20:53|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
さて、休憩をはさんで2ndステージ。
jammin'Zebはベージュのスーツにお召し替えです。
ノータイで、インナーのワイシャツがそれぞれ違ってます。

「It Had To Be You」
そうか、これも初聴きですね。
最近ではトニー・ベネット「Duets Ⅱ」に収録されてたのを聴いたっけ。
この曲だったかしら?Lenseiさんがステージの方へ降りてったの。
違う、「I'm a beliver」…?

「Waltz For Debby」
昨年、札幌交響楽団定期演奏会のソリストアンコールで、
小曽根真さんがこの曲を弾いてました(よく考えたらすごい・笑)
これは曲からいったらやはりKojiroさんのリードだろう、と思ったら、
予想通り。最近、わりと想像がつくようになってきたんですよねー。
きらきらした宝物を、そっとやさしく包み込むような、
抒情的なヴォーカルがぴったり。「Bluesette」もこの曲も、
もともとインストだったものに歌詞を載せた曲って、
なんかいいんですよね、とのことでした。
Steveさんだったか、レコーディングしたいね、的に煽ってましたね。
私も一票!

「さくら」
曲の前のMCでは桜の話題。ちょうど14日は肌寒い雨の日で、
しかも私の見る限りほとんど散っちゃってた感じ。
Kojiroさんが「ソメイヨシノは散っちゃったけど、八重桜は…」と言えば、
みんな桜の種類を言い出してリーダー、たじたじ(笑)
Steveさんが「河津桜」って言ってたのは覚えてます。
Simonさんは南半球とかもあるしね、などと言い出す始末。
結論、一年中世界中どこかで桜は咲いてる(爆)
そうやって一年中歌い続けているであろう「さくら」ですが、
テレビやDVD、YouTubeで幾度も見たにもかかわらず、
私、ステージで聴くのははじめてでした。
テレビ・DVDだと時々音程が不安定になるような気がしてたんですが、
生音だと決してそんなことはないんですよね。どうしてだろう?
ジャミンの「さくら」はステージで聴くことをおススメします。
光量を落とし、さくら色のスポットの中で歌う4人。
♪さくら さくら いざ舞い上がれ/永遠にさんざめく光を浴びて
のところ、本当に花びらが舞っているのが見えたよ、うん。
歌い終わってもすぐには拍手できませんでした、私。
素晴らしいです。

「One Note Samba」
聴きどころはSteveさんの早口言葉!?
昨夏リリースの「Summertime」収録の1曲です。ボザ・ノヴァ。
Kojiroさんが「ボサ・ノヴァは風が吹く感じで春っぽいよね」と言えば、
SimonさんだかSteveさんが「去年の夏も言ってましたけどね」とツッコミ(笑)
ま、風を感じる爽やかさ、ってことで。

「Moonlight In Vermont」
Steveさん30歳の誕生日に完成したアレンジの、新曲。
節目の年を迎え、何か思うところでもあるのでしょうか?
「好きにならずにいられない」のところで、
旧「Garden」はバラが散ってる王子様だったけど、
新「Garden」は大人です、という話が出てましたが、ここで
LenseiさんがSteveさんの誕生日をネタにして
「オージサマがオージサンになった」と言ってた(笑)
3年後、SimonさんがLenseiさんに同じ台詞を言うそうですよん。

さて、この曲は「月明かりの中、2人でドライブする」
というロマンティックなシチュエーションですが、
ジャミン版では「後ろで3人が茶々を入れている」そうです(笑)
それも楽しそうでいいと思うよ☆
某声職人さんのヴォイストランペットも秀逸!
この曲もぜひ!収録してほしいなあ。

「Summertime」
昨夏発売のアルバムのタイトルトラック。
この曲はライヴVer.の方がテンポも速く、断然好きですね。
So In Loveのようにバンドメンバーのアドリブが入る曲です。

「I'm A Believer」
新曲。モンキーズのヒットナンバーです。
思ってたのよりも軽めのコーラスだったかな。
手拍子がちょっと残念な感じ。速い方が合ってると思うのだけど。
CDが発売されて聴きこんでいったらまた変わるかしらん。

「Danny Boy」
アイルランド民謡、ロンドンデリーの歌として知られています。
讃美歌にもなっていて、静かで、心に染み入る曲。
初めて歌ったのは日本橋三越の天女様の前だそうです。
神様に見守られてる歌、ですね。Lenseiさんリードのア・カペラ。
そういえばミドルネームはダニエルでしたね。
これもいつか収録してほしい。
私の中では「You Raise Me Up」「Brahms's Lullaby」「Serenade」と
同じような系列。神聖さを感じる。

「You Can't Hurry Love」
本編ラストの曲。これもまた来月発売のアルバムに収録されてます。
ここから最後までスタンディングでした。
地味に4回のライヴ中3回は聴いてるご機嫌ソングなのよね(笑)
♪No,No!の合いの手を入れるのがとーっても楽しい!

興奮冷めやらぬまま、アンコール突入。

「Oh! What A Night」
今回のライヴのタイトルナンバーのア・カペラです。
実はこの曲の初演は、2010年のX'masFantasyだったんですよねー。
そう、記念すべき私の初ジャミン。でも、ぜーんぜん記憶にありません。
というわけで、この曲もほぼ、初聴きと言って良いでしょう。
ア・カペラとはいっても、ピアニカとか軽めのPerc.が入ってた気が。
皆さん、「Oh!What A Night」じゃなくって、
「オワラナイ」と歌ってるんじゃ…?としか聴こえなくなりました。
終われない、ってこれじゃ(笑)

「Lady Madonna」
これもまたCDよりもちょっと早いテンポだった気が。
会場のボルテージがさらに上がったよね。

「Goodbye World, Goodbye」
バンドメンバーがはけていったあと、4人だけで歌ったラストナンバー。
これも聴きたかった!さよならなんだけど、明るいさよなら。
また会おうね!っていうハッピーな気持ちになる、楽しい曲でした☆

あと1回、おつきあいくださいね♪
2012.04.20 20:36|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
行ってきましたSTB139。
セットリストは以下のとおりです(公式blogより)
1,2daysと3~5daysでがらりと変わっていて、さらに新曲5曲!
相当なリハーサルを重ねて今回のライヴに臨んだことと思います。
でも、それを微塵も感じさせず、楽しそうに歌っているのが彼らの凄さ。
凄いというのか、変態的というのか…(笑)

~14日のセットリスト

Just You,Just Me★
Fun Fun Fun♪
Daydream★
好きにならずにいられない♪
Besame Mucho
I Do*♪
Crazy Little Thing Called Love*♪
Bluesette★
I Got Rhythm

<2nd>
It Had To Be You♪
Waltz For Debby♪
さくら*♪
One Note Samba
Moonlight In Vermont★
Summertime
I'm A Believer★
Danny Boy*
You Can't Hurry Love

<Encore>
Oh! What A Night*
Lady Madonna
Goodbye World, Goodbye*♪

★新曲 *ア・カペラ ♪新曲以外で私が初聴き


新曲、ア・カペラにはそれぞれ記号をつけていますが、
それ以外に「私が」ステージで初めて聴いた曲もチェック。
ってことは…13曲も初生!超贅沢だわー。

メンバー4人は2階から客席を通って登場。
1階で二手に分かれてステージに向かいます。ハイタッチできたっ(喜)
1stの衣装がカジュアルでとーってもお似合いでした。
「ストール/ジャケット/ボーダーT/チノ/ロープベルト」という
アイテムは同じながら、ストールの色やボーダーの種類、チノの色が
それぞれ異なっていて(ストールはピンク系とブルー系)、
巻き方も4者4様。Lenseiさんのねじり巻き、真似してみようかな。
そう、あとはチノの裾!なんといってもSteveさんの足首見せ。
ソックス履いてたのかな?それとも石田さん風!?
さすがにあれで街は歩き…づらいかも。いや、素敵なんですがね。

「Just Me,Just You」
あまりにステージが近いことを実感し、アタマが真っ白になっちゃって
印象が残っていない新曲です(-_-;)
でも確かこれ、ナット・キング・コールが歌ってような気がする。
「Daydream」は聴いたことあったよ。スタンダードナンバーですね。
こちらはLenseiさんがアレンジをしたそうです。

「Fun Fun Fun」
ライヴで聴きたかった曲!ビーチボーイズのナンバーで、
ジャミンの2ndアルバム「Dream」に収録されています。
クライマックスの4人が別々のメロディを歌う部分、
私が一番好きなところです。適当に歌ってるんじゃなく、
綿密に考えられたものらしいですよ。

「好きにならずにいられない」
リマスタ盤「Garden」に収録されたボーナス・トラック。
デビュー間もないころ、「題名のない音楽会」に出演した際の映像が、
いまでもyou tubeで観られます。
バックのオーケストラの視線が冷たかった…みたいなこと言ってた(笑)
いっそ全編英詞でいいんじゃね?ってくらいのアレンジ◎

「Besame Mucho」
5月30日にリリースされるアルバム「Seasons」に収録。
ジャミンの色男担当・Simonさんが「母語」スペイン語で歌います。
英語よりもスペイン語の方がしっくりくる、ってお話されてました。
もうね、この曲はイントロだけで「キター!」って感じ。
ジャミンのラテンってSo In Loveなんかもそうだけど、セクシーです。

「I Do」
CD化されていない、ライヴDVDでしか聴けません、
とSteveさんが言ってましたが、ライヴでしか聴けない、ですね、
とセルフ突っ込みを入れてたジャミンのオリジナルア・カペラナンバー。
ウェディングソングなので、ここでいう「I Do」とは誓いの言葉
なのでしょうが、ジャミン的には決意表明として歌ってるそう。
ラスト、転調するところがゾクゾクしました。涙出そう。
歌詞は分からないけれど、本当にいい曲。

「Crazy Little Thing Called Love」
I Doが聴けただけでも良かったのに、続けてこの曲!
クイーンの「愛という名の欲望」ア・カペラバージョン。
個人的に好きなのは
♪I gotta be cool, relax, get hip/And get on my track's
のところでバック3声で「バゥン」って揺らぐ部分。マニアック?
ア・カペラなんだけど、ダイナミックです。

「Bluesette」
ものすごいア・カペラ2連続のあとはインスト曲に歌詞がついた新曲。
トゥーツ・シールマンス(Steveさん、噛んでましたね・笑)
という方が作曲したものに、のちに「やさしく歌って」の作詞者
ノーマン・ギンベルさんが歌詞をつけてヒットした曲。
もとはワルツなんだけど、そこはジャミン流、ボサ・ノヴァ版です。
「ette」をつけると女の子に「~ちゃん」って意味になるそうで、
だから「Bluesette」は…「青ちゃんデスネ~」とLenseiさんの説明。
偶然にもPerc.担当の菅谷さんのお子さんが「青ちゃん」なことを、
前日知ったそうですが、残念ながらこちらの「青ちゃん」は男の子。
この曲、絶対人気が出るよ。やさしいジャミンのイメージ。
もう1回聴きたいようぅ!次は収録お願い!
あとで歌詞を調べてみたら、すごくいいのね、これが。

「I Got Rhythm」
私のご機嫌ソング♪
以前も書きましたが、4人がそれぞれリードをとってくところがイイ!
身体が自然にゆれてくる、まさにタイトルどおりのナンバー。
今回は某声職人によるサッチモの物真似はナシでした。

とりあえず1stの感想まで。あと2回は続きます。

タグ:セットリスト

2012.04.16 19:32|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2012.04.14 06:59|日々
本日18:30スタートの

jammin'Zeb “OH! WHAT A NIGHT”5Days @STB139

に参加するべく、ちょいと東京に行ってきます♪お久しぶりのまんぼさんとも昼食を共にする予定ですし、2日間思いきり楽しんできます☆
2012.04.11 21:11|モノmono
ついポチっとしちゃいました…
iPad2 16GB、Wi-Fiモデル。

以下言い訳です。

・リビングに置いて、気軽にネットするにはちょうどよい
・携帯は使えるけど、PCはいまだ使えない母にもよさそう
・「新しいiPad」は高いけど、これは30,400円。

そう、「新しいiPad」発売でiPad2の価格は下がりました。
さらにワタクシ、「整備済製品」なるものの存在を知ってしまって(笑)
値下がり後のiPad2は34,800円なのですが、それよりもぐっと安い。

整備済製品とは、

アップル整備済製品とは、店頭商品、返品商品、初期不良品などを修理調整し、新品水準並みの品質を確認したアップル認定製品です。新製品同様、1年間の特別保証をお付けしております。



…だそうです。Retinaディスプレイは気になるけれど、
自宅ノートパソコンの解像度もiPad2並みなわけで、
やはりコストパフォーマンスが優れたこちらを選択しました。

目下の悩みは、何をそろえるべきか?ということ。
フィルムは必要なんだろうけど、スタイラスペンは?
スマートカバーは?スタンドは?
どなたかご教示下さい。
2012.04.05 20:30|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
4月2日にjammin'Zebが出演したNHK-FMさいたま「日刊さいたま~ず」、
東京都下でも電波が入る、とのことで、
まんぼさんに録音していただき、聴くことができました。
ありがとうございます!
そんな彼らのライブは来週火曜日からの5days。
私は14日に参加します。ドキドキすぎる。

会場となるSTB139は、過去参加したようなホールではなく、
いわゆるライブレストランです。どんな雰囲気なんだろう?
っていうのもドキドキのひとつ。
ジャミンのライブって、あまりおひとり様が多くないのです。
なので、グループ連れでも、話しかけやすい方が近くだといいなあ。
チャゲアスを通じて知り合ったファン友さんが、
いつしかチャゲアスとは関係なく本当にいいお友達になったように、
ゼブ友さんがいれば、もっと楽しいゼブライフ(?)が
送れるような気がします。



「日刊さいたま~ず」の感想をちょこっと。
4人の仲の良さがあふれ出ていて、顔がにやける内容でした~。
誕生日にご飯食べに行くとか、ね。彼女と行こうよ(爆)
あとはレンセイさんの「お持ち帰り」発言。
彼のコメントはいつもほっこりしちゃいます。
あと、シモンさんが一番年下だと知ったときの、
パーソナリティさんの一瞬の沈黙もおかしかった。
そうよね、びっくりするよね(笑)
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。