スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪初日

2008.10.03 18:32|C&A
セットリストをすでに多くの方が入手されてるとは思いますが、
一応掲載の上で感想を書いておきます。ネタバレNGの方は注意!

birth
Girl
迷宮のReplicant
はじまりはいつも雨
good time
抱き合いし恋人
君の好きだった歌へのプロローグ
背中で聞こえるユーモレスク
帰宅
next door
蘇州夜曲
C-46
心に花の咲く方へ
UNI-VERSE
僕はこの瞳で嘘をつく
HEART
月が近づけば少しはましだろう
けれど空は青
PLEASE

<アンコール>
伝わりますか
君が愛を語れ

いくろうさんを真ん中に向かって左側に澤近さん、右側に古川さんという配置。
私の席は端っこだったので、古川さんはほぼ見えませんでした。
開演前、デパートの試着室のカーテンみたいな(笑)状態で、
やがていくろうさんがタクトを振りはじめると、そのカーテンスクリーンの上に映像が。
過去のASKAさんの写真、コンサート会場の名前(オフィシャルのビジュアル)が
浮かびあがってきます。で、いつの間にやらするすると上にカーテンがあがって…
ASKAさん登場。黒いスーツにゆるネクタイ。ただし、ジャケットの襟は別珍ぽい感じ。
髪がですね、私好みの短髪♪♪耳に4分の1くらいしかかかってないの。
短いと若く見えるから大好きなんですよねー(謎笑)顔は…あんまり痩せてない気はする。
最初の2曲は正直、ふーんって感じでした。
というのも、ASKAさんの声があまり出てない気がしたんです。オケも乗り切れてなくて。
オケアレンジにはちょっと向いてない曲なのかもね。
で、びっくりしたのが迷宮。イントロでまさかまさか?と思ってたんですが。
私の中で「Trip」と「ripple ring」と「風のライオン」と「迷宮」はいつか生で聞きたい曲でした。
もう、全部聞けちゃったよー。次はレノンをお願いします。
ここら辺からASKAさんの声も伸びてきました。オケも持ち味を生かした演奏になってきてます。
今回、わりとMCは大人しめ。初日だから緊張してたのもあったのかな?
「待たせたねー」はありませんでした。
ここでちょっと文句たれてもいいでしょうか。

せめてこんなときくらい、「ASKAさーん!!!!」って叫ぶのやめてくれ。

雰囲気に合わないでしょ、全くもう。

海外はメジャーな曲もやったけど、国内はもっと色々挑戦して見ますよーってなことで、
ピアノで澤近さんが弾き始めたのはショパンの「雨だれ」のイントロ。
この時点でピンときましたが、やはり歌いだしたのは「はじまりは~」でした。
これが非常に合っているんです。じっくり聞いてみてくださいね。
「抱き合いし」から「背中で~」までは「SCENEIII」の原曲とあまり変わらず。
「帰宅」…これ、IDツアー以来じゃないでしょうか。声がすごく通ってました。
「next door」の後、楽団員が一旦はけて、舞台転換されます。
ピアノ、ギター、弦楽四重奏。
ASKAさんがふざけてピアノの前に座ったりします。
そして「蘇州夜曲」。原曲に近いアレンジでした。すごく良い。聞けて嬉しかったな。
「UNI-VERSE」からはこのコンサートの盛り上がり部分だと思われます。
バックのLEDスクリーンにはPVが流れ、白っぽい、明るい照明の中でASKAさんが歌う。
新曲、キャッチーなメロディですよね。もっともっと世に出て欲しい曲です。
「僕瞳」…パーッカショニストのソロから始まりました。
歌いだすまで何の曲か分からなかったんですが、とにかくカッコいい!!
イメージとしては「ルパン3世」のブラス響きまくりのテーマ(笑)
こんな風に変わるのねとしみじみ。
「HEART」はすてきなアレンジだったのですが…ちょっと声が辛そうでした。
札幌ではもう少し声が出てることを期待。
「月」はシンガポールバージョンより断然良いアレンジだと思います。
照明がこれまた綺麗なのよ。
「PLEASE」、ミステイクとエスコート、
一瞬どっちか分からず詰まったように聞こえたのは気のせい?
アンコールの際、せめてスタンディングオベーションがあれば良かったなあ。
最初から終演まで一度も立たないコンサートってどうなんだろうか。
アンコールで「伝わりますか」のイントロの時は悲鳴があがります。
「熱風」でさわりを聞いただけですが、いい曲ですよね。
かなりキーを落としているので、今のASKAさんの深みのある声とマッチしている感じ。
そうそう、今のASKAさんの声って本当にオケと一体化するんですよ。
声が楽器なんだなあ、って思える瞬間です。
ラストの「君が愛を語れ」。
もしかすると、ASKAソロで一番好きな曲はこれかもしれない。
感動で涙が出るとかそういうわけではないけれど、勇気をもらえるんです。
で、わりとあっさり手を振って消えていったASKAさんなのでした。
2時間半ちょっと。こなれてくればMCも長くなるかもしれません。
PAを通したオケの音に若干の不安を持っていたのですが、
すごいですね、音響チームの仕事。違和感ありませんでした。
2管編成だったけど、金管の音がよく抜けていました。
オケとASKAさんが一体化していく様子が手に取るように分かるのも見所です。

次は福岡公演。皆さんの感想を楽しみにしています♪
関連記事

タグ:セットリスト

コメント

ただいまです

>まんぼさん

登場した瞬間、「グッジョブ!」とガッツポーズしちまったぜい。
そうですね、色々ASKAさんの曲はいじりがいがあるんじゃないかと思いました。意外と目を開けて歌ってくれたので、そこらへんも素敵でした(笑)

>みう。さん

あんなにあっさり消えていくなら立ち上がればよかったと後悔(笑)
新曲、本当にこのコンサートの為に作られたって気がしますよね。
うーん、早くもう一回みたい!

私のレポはもう少しお待ちくださいな(来週連休あたり?!)

私も最初のカーテンの映像に感動したんだよっ

そうそう。2日目もね、ASKAコールすごくて、ASKAさんに「ちょっと!メンバー紹介させて」ってさえぎられてた。ああいう空気読んでもらいたいものだ。。

初日もASKAさんあっさりだったんだ?
私まだアンコールあると思ってたけど、終わりでせつなかった(笑)

ほんと、最高のステージだったよね!
私は「迷宮」とやはり新曲が最高でした。

next doorやばいんですよぉ。。。。

おっかえりー!

お疲れさま。

髪型が気になるぅ(笑)早く見たい!
「はじまり」の「雨だれ」イントロ素敵ですよね。
もっとクラシックの曲と融合した遊びがあると
いいなと贅沢な注文。

新曲、生オケで早く聴きたいな~。間奏部分が聞き所かな。

ツアー最終日も しかと見届けてくださいね。

P.S 試着室のカーテンにワラタ。
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。