スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女の妄想炸裂

2006.09.03 01:16|本・コミック
「この世は涙の谷間」だって考える人もいるでしょうが、
私にとっては「笑いの谷間」でないとやっていけません。
映画だって純愛感動系よりも笑える映画の方が好き!

最近読んで大爆笑したのが三浦しをんさんのエッセイです。

彼女は先日、山田詠美さんに次ぐ若さで第135回直木賞を受賞したばっかり。でも、彼女の本領は小説よりもエッセイにあるんじゃなかろうか、と思ってしまうのです。

私が読んだのは、文庫化されているエッセイ「しをんのしおり」「人生激場」(ともに新潮社刊)。
何がおかしいかってその妄想っぷり。例えば、高倉健さんを愛するしをん嬢は、健さんの1日を妄想だけでつむぎあげるのです。あるいはワールドカップにハマって(2002年のですが)、各国男子の胸毛チェックをしたり。

このエッセイ、男性が読んでも面白いのかは分かりませんが(笑)、
女子には結構ウケがいいんじゃないんでしょうか。

ちなみに、小説は現在のところ、「ロマンス小説の七日間」「格闘するものに○」を読了。エッセイはハードカバーでまだまだ沢山刊行されているので、先にそちらを読むことにしよっと。

関連記事

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。