スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東山魁夷展

2012.08.16 12:12|TV・映画・音楽・展覧会
先日、「東山魁夷展」に足を運んできました。
札幌でこれだけの規模の東山作品が展示されるのは久しぶりだそうです。
「道」「郷愁」「花明かり」といった有名作品が多数ありました。

全体を通して思ったことは、
・青と緑が印象的(群青と緑青だそうです)
・同系色でまとめている
・湖面に映る木、というモチーフが非常に多い
・風景画ではあるが、心象を投影しているので、
 どこか現実を超越している

でしょうか。個人的には絶筆となった「夕星」が、強く心に残りました。

「これは何処の風景というものではない。
そして誰も知らない場所で、実は私も行ったことがない。
つまり私が夢の中で観た風景である。
私は今までずいぶん多くの国々を旅し、写生をしてきた。
しかし、ある晩に見た夢の中の、この風景がなぜか忘れられない。
たぶん、もう旅に出ることは無理な我が身には、
ここが最後の憩いの場になるのではとの感を、
胸に秘めながら筆を進めている」
http://www.npsam.com/about/kaii_shinsyu/kaii_shinsyu04.php

残念だったのは、作品のほとんどがアクリルガラスで覆われていたこと。
自分の影が絵に映り込んでしまって、色が綺麗に見えなくて…

美術館の後は横断歩道を渡ったすぐ向かいにある「カエルヤ珈琲店」へ。
オーナーさんがひたすらカエル好きというこのお店、
居心地がいいので美術館の後はいつも寄ってしまいます。
「勝手に近美コラボメニュー」の、「甘味東山」をオーダー。
毎回展覧会の度に考えるのって、すごく大変だと思います(笑)

120812_1436~01
関連記事

コメント

Re: 申し訳ないのですが

>あきさん

粒あんでした。確か。上に枝豆がのってるの。
日本画って落ち着きますよー。
群青はアズライトという石を使ったものみたいですね。
私はラピスラズリを砕いた絵の具の青が好きで、
平山郁夫さんが描いた奈良・唐招提寺の壁画の青に惹かれます。

申し訳ないのですが

展覧会よりも「甘味東山」に心奪われている私。
粒あんかな?お抹茶?などと・・・
絵画を見るのは、好きです。
ただ、夫の家系にそういう辞書(ことば)が
ないだけです。
黒に近い青が好きなので、惹かれます。
群青。
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。