スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 jammin'Zeb ファン・ミーティング その1

2012.08.30 19:05|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
8月25日(日)、私のこの夏最大のイヴェント(笑)ジャミン・ゼブのファン・ミーテイングに参加してきました!思いつくままに綴っていきますので、ご覚悟ください。なお、ミーティング中の写真撮影OKという太っ腹なお許し。基本的にはほとんどの写真が、クリックすると拡大しますよ。

では「続きを読む」からどうぞ。
9:30頃、東京の暑さに辟易としながら、隣駅・田町のホテルから会場着。もうね、歩くだけで汗が噴き出てくるんです。東京にはやっぱり住めないわ、私…暑さを落ち着かせるためにすぐ下の階のタリーズで身体を冷やしてまし会場のアリスアクアガーデン品川はこんな感じ。
DSCF1061.jpg
あらかじめテーブルの上にパスタやポテトなどが載っており、スイーツがブッフェスタイルとなっています。この青い光の部分を通って登場~。ハイタッチしていただきました♪Lenseiさんの手がやたら冷たかった(笑)
DSCF1060.jpg
前方にはこのように椅子が4つ並んでいます。

東京3回、名古屋1回と全部で4回開催されたファン・ミーティングの最終日。すっかりリラックスモードの4人でした。この日はSimonさんが少々声が辛かったのかな?ときどきお茶を飲んでましたね。
た。お一人でいらしたファンの方と楽しくお話しさせていただきましたよ(^o^)


ファンミの構成は大きく次の4つ。

○上半期をふりかえって
○ドレミファドン
○ファンミで一番聴きたい曲
○カラオケ大会
○写真撮影

<上半期をふりかえって>
上半期の活動を、歌を交えつつふりかえってくれました。
☆仰げば尊し
☆リンゴの唄
☆信濃の国

今年は今までとはちょっと毛色の変わった活動をしてきたジャミン。日本語の歌を多く歌い、高校生の芸術鑑賞にも挑戦しました。

2月のNHK金曜バラエティで、秋川雅史さん他と「仰げば尊し」を歌った、ということから秋川さん話に。というか、Steveさんが秋川さんの話ばっかりして、Simonさんに「秋川さん好きですねー」と言われてました。「だって友達だもん、この後飲みにいくんだよね」ですって(笑)テレビで拝見すると、オペラ歌手らしい堂々とした体格のイメージがあるのですが、私服の秋山さんはとても華奢なそうで。

DSCF1077.jpg


3月には名古屋でのTV出演、10分ほどのコーナーでジャズコーラスとは何ぞや?をレクチャーすることに。そこで歌った「仰げば尊し」ジャミンver.バージョンを披露してくれました。これ聴いてみたかったんです!スウィングのリズムで、ジャミンらしいハーモニー。身体が揺れてきますね。ジャミンver.は、「卒業できるのが嬉しくて仕方ない」「一体どれだけ卒業したかったんだ(笑)」というアレンジだそうです。

同じ月、日本農業賞「大地の恵み」コンサートにも出演。昨年、震災翌日だったために延期となって、2年分の授賞式となったものです。震災の翌日、衣装をNHKまで取りに来たとか。感慨深いものがあったでしょうね。こちらは大御所との共演で、五木ひろしさん、氷川きよしさん、夏川りみさん他と。氷川きよしさんのファンにはさすがのジャミンも圧倒されたそうで…でも、そんな中客席にジャミンファンを見つけて嬉しかったそう。

「日本語の歌で難しくなかった?」とKojiroさんだかに聞かれ、「食べ物の歌だったから」と答えるLenseiさん。そう、農業賞だけあって、お題が「食べ物」なんですねー。みかんの花咲く丘、茶摘み、とかあったもんね。ここでは「リンゴの唄」を歌ってくれました。実際の放送はバック演奏がありましたが、もちろんアカペラです。Kojiroさんリードの「リンゴの唄」、断然アカペラの方がいい!歌詞を英語かフランス語に翻訳して歌えばものすごくお洒落な歌になるんじゃなかろうか。「ジャミンが歌うと、リンゴも国産ではなくてジョナゴールドなどの輸入物になりますねー(笑)」とのこと。

クイズコーナーで優勝した夏川さん、番組用だけかと思いきや、本当に賞品として山ほどの野菜を贈られたそうです。「私こんなに持って帰れない…」というわけで、ジャミンもお相伴にあずかったらしく、Kojiroさん「俺、大根持って帰ったもん(笑)」。Steveさんはアボガドをもらったのですが、うっかり忘れていて熟しすぎてたとか。

それからやはり一番印象深かったのは長野の高校生の前での芸術鑑賞会。その再現が可笑しかった(^_^;)「チョーウケる、歌ってるんだけど(笑)」「しかもアカペラだし(笑)」というノリだったようで。Simonさんは、男子高生が椅子にだらっと座って片足を横に組む様子を真似してくれました。でもSimonさん、男子高生に大人気だったらしいじゃないですか。どこが彼らにヒットしたんだろうね。

Kojiroさんの側の最前列には野球部の、クラスでも目立つタイプの男の子が3人座っていたそうです。「真ん中の1人が音楽好きそうな感じがしたんですよね。ちょっとそわそわしてて、でも両脇を見てのれないというか。あの年頃はそういうのが恥ずかしいんだよね、きっと。そのうち周りの2人が寝だしたら、もうノリノリで。こっちはそれを見て、やった!って嬉しかった」ジャミンのライヴで寝れるなんて信じられませんけど(笑)、でも、きっと高校生たちの心には何かが残ったと思います。

DSCF1070.jpg

そんなわけで、長野県民なら誰もが知っているという、「信濃の国」を歌ってくれました。Steveさんが「しなののくに」と言うイントネーションが変!?と思ったのですが、桐華さんブログによれば、それが正しいんですね(^o^)古き良き時代の日本語が使われていて、美しい歌詞。「松本伊奈佐久善光寺」「海こそなけれ物さわに」が印象に残ったな。

…すでにものすごく長文になってる(^_^;)スピードアップしていきまーす。
関連記事

タグ:セットリスト

コメント

長文で

失礼しました。

どうしても長くなってしまうんですよね。コンパクトに表現できる文才に憧れます。

No title

楽しく読ませていただきました。
楽しいトークや、しぐさの情景が甦ってきました。
続きも楽しみにしています。
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。