スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】天地明察

2012.09.19 20:40|TV・映画・音楽・展覧会
先週、映画「天地明察」を観てまいりました。
3連休でしたが、きっと「踊る大捜査線」に人は流れてただろうなあ。
江戸時代に改暦という大事業を成し遂げた安井算哲の物語です。

原作読んでから映画を観ましたが、まずまず良い映画化の仕方ですね。上下巻を2時間半にまとめるためには、登場人物も、エピソードも割愛する必要がどうしたってでできます。しかも「和算」やら「北極出地」といった現代人にあまり馴染のないものを映像で説明しなければなりません。そして、基本的に男の話なので、原作よりもラブ度を盛るという必要も(笑)

以下、雑感を。

役者が超豪華。歌舞伎俳優お三方はさすがです。和算の関孝和(市川猿之助)、会津藩主保科正之(松本幸四郎)、算哲のライバル側、公家の陰陽博士・宮栖川友麿(市川染五郎)。天下の副将軍、水戸光圀(中井貴一)も中々激しい人柄をよく表現していましたねー。あと、北極出地の隊長・副長を演じた笹野高史さんと岸部一徳さんがとってもラブリー!原作でもとても人気なこの二人のキャラクターをそっくりそのまま再現してくれてます。それと、算哲の囲碁のライバル・本因坊道策を演じた横山裕(関ジャニ∞)もなかなかよかった。

なので、主演2人について色んなゴシップネタが出ていますが、あまり気にならないかと思います(笑)ただ、映画の中では少なくとも15年近くの時が流れてますが、ほとんど変わりない…もう少し老けさせてもいいのでは?とも。

あと、エピソードを圧縮するにせよ、もう少し考えてちょ、と思ったのが、算哲の恩師・山崎闇斎が天測地の襲撃で、算哲をかばって死ぬという設定。そんな謎のアクションシーンはいらないし、闇斎さんをそんな殺し方しなくても…(笑)

国立天文台の監修を受けて、「天測」の道具が再現されていたのは興味深かったですね。ああやって空を測るのか。

音楽は久石譲。うんうん、いかにもなメロディでしたよ。エンドロールのVFXが個人的には好きでした。

映画内の好きなセリフ。
「いつか天を詳らかにしてわが双腕に抱きたいと存じます」

原作、映画、コミカライズもされているようですのでぜひどうぞ。
関連記事

コメント

最近は

>komaさん

すぐにソフト化されるから、大スクリーンでなくちゃ!と思うものを中心に観ていくのもありですよね。SPとか踊る大捜査線みたいに(笑)
天地明察の予告編で気になったのは「大奥」かなあ…(^_^;)

観たい

…と思ってるんだけど
いつ行けるやら(;^_^A

最強のふたりも観たいし
気になる映画がいくつかあります。
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。