スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jammin'Zeb/Double Christmas Fantasy 2013.12.22-23

2014.01.31 22:08|jammin'Zeb(ジャミン・ゼブ)
今さら…ですが。

jammin'Zeb Double Christmas Fantasy 2013.12.22-23@横浜・大さん橋ホール

横浜・大さん橋ホールは平たい体育館のような会場。フルに使えば1,000人は入れることができるんでしょうけど、みたとこ600席くらいかな。もっともっとお客さんが増えるといいなあ、と思います。さて、セットリストが結局公式ブログでアップされなかったので、かいつまんで書くことにします。いつものクリスマスソングに加え、新アルバムの発売も重なったので「Double」と銘打ったライヴ。「COCKTAIL」収録曲のうち、「A Groovy Kind Of Love」以外の11曲を歌ってくれました。

1st SetはアルバムCOCKTAILと同じ光沢のあるグレースーツ、2nd Setはベルベットのスーツでした。初日は2nd Set、Lenseiさんのチーフが浅めになっていたのか、今にも落ちそうなのが気になって気になって。あんなに動き回ってたらそのうち落ちるよ・・と思ったら、やはり途中で胸ポケットに突っ込み直してました。

オープニングは「Let It Sonw! Let It Snow! Let It Snow!」。
この曲では、最後のシャンシャンシャンと鈴が鳴っているところで、Lenseiさんが耳を澄ます仕草をするのが可愛い♪

以下、順不同で。
「Here Comes Santa Claus」
跳ねるような歌い方が好き。そういえば、どの曲の後だったか、Steveさんが「メリークリスマス!ホッホウ」と芝居がかった口調で言ったらすかさずLenseiさんが「ゼンソクデスカ?」と突っ込みを入れていたっけ(笑)

「Bridge Over Troubled Water(明日に架ける橋)」
ゴスペル調のアレンジ。後半のソウルフルなハーモニーには、いつも涙が出てきます。いつかアルバムに収録してほしい曲No1かも。Simonさんのおおらかで包み込むような歌声が、年々素晴らしくなっていることを実感できます。

「Let's Face The Music And Dance」
アンコールの定番・サインボール投げが、今回は会場の都合なのかありませんでした。その代わり、メンバーが客席に降りてきてお客さんとハイタッチするのがこの曲(とアンコールの「You Can't Hurry Love」)。ダッシュではないにせよ、かなりの速度で会場を回るメンバーですが、あちらこちらに散らばっていてもきっちりハモリを合わせるところはさすがですね。残念ながら私の席は中だったので近くで拝見できませんでした~。

「Let's Do It」
この曲の冒頭は「Birds do it,Bees do it…」(鳥も恋をする、ハチも恋をする)と始まります。2日目、SteveさんはKojiroさんが「Birds、Beeds、…」と曲紹介をしている最中に「ビーズって言ってもウルトラソウッ!じゃないですよー」などと謎のツッコミを入れてたっけ。後半、「Let's Do It」をそれぞれ歌うところでメンバー全員がわしゃわしゃとじゃれあっている(としか見えない)姿がたいそう微笑ましいです。まるで孫を見ているかのよう(?)

健康増進のサイト「みらいく」のオフィシャルサポーターに就任しているジャミンですが、今回の公演も、昨年に引き続きみらいくから来場者全員にプレゼント。今年は『バッグフック』でした。バッグハンガーと言った方が分かりやすい気もするんですが、Kojiroさんがバッグフックの紹介をしている最中に真ん中の2人がバッグフックのシャドーイング。しかも2日ともwそれがやりたかったのねww

それぞれの健康法は、Kojiroさんはジム。インナーマッスルを鍛えているそうです。すごく背が高くなりましたよね!Steveさんは食事。アサイーボウルにバナナだとか。私、アサイーって食べたことがないなあ。Simonさんもジムだったかしらん。Lenseiさんは禁酒だそうですwこの辺の話の流れから、なぜかSteveさんがふなっしーのマネwwやたら高く跳び上がってました。しかも2日目にいたっては「ゴッ」という音と共に慌ててステージ袖へ消えていくという。。どうやらマイクをぶつけたらしく、会場中が大爆笑でした。いまだに思い出すと笑えてきます、、

「Have Your Self A Merry Little Christmas」
Lenseiさんによれば、子供時代を思い出すような、センチメンタルな曲。私は♪Happy Golden Days~の部分が好きで、これも泣きの1曲。「When A Child Is Born」も素晴らしいア・カペラですよね。♪All across the land~のハーモニーが美しい。

「This Night」
この曲が始まると、楽しかったライヴも終盤に近付いているんだなー、って思い出します。そして、間奏の部分でLenseiさんが「皆さんがHappyなクリスマスを迎えられますように」って言ってくれるんですよね。オクターブ違いのユニゾンで4人が声を合わせるところが好き。ジャミンはハーモニーももちろんなんですが、4人の声が混じると何ともいえない、芳醇な音になるんですよね。そして皆で手を振る、これも定番になってきました。

「Peace On Earth」
本編ラストの曲。2日目はほんと飛行機がぎりぎりの時間で、この曲のイントロが始まる中、荷物をひっつかんで駅まで猛ダッシュ(^_^;)でも、走りながらも、会場の後ろの方で立って見ていた、プロデューサーの宮住先生に挨拶できました(笑)ステージからも完全に見えてただろうな、お恥ずかしい。。

「You Can't Hurry Love」
アンコール1曲目。それまでステージの後ろにはカーテンが引いてありますが、気づけばカーテンが開いてる!横浜港の夜景が見える…はずでしたが、熱気むんむんで曇ってましたねw

「O Love That Will Not Let Me Go」
バンドメンバーがはけていって、4人残ったステージで歌うア・カペラ。厳粛な気持ちになります。

…素晴らしいライヴの後はサイン会。アルバム発売直後だったため、長蛇の列!そんなサイン会中の彼らの様子を激写。かなり暗い場所だったので、撮影難しかったです。

fc2_2014-01-04_20-00-14-812.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

六花(りっか)

Author:六花(りっか)
札幌在住の会社員です。音楽、スポーツ、文房具などなど興味のジャンルは幅広いほう。

最近の記事

カテゴリー

jammin'Zebリンク

C&Aリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント

アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。